外国からのが、予告もなく突然横付けするギャラリーなんてのは、日本広しといえどもスペース滝ぐらいかもしれません。
d0329286_21335050.jpg
d0329286_21341826.jpg
3日前に着いたスイス人の三人を、慌ただしくもてなし、送り出し、今日はルーティーンのイラストを仕上げて新聞社に送信して、やっと元の生活です。
(ペンション・クルーズの家族、新聞記事にしてくれた榊原記者らとの船内ディナー・パーティーなどなど)
d0329286_21353282.jpg

もっともご夫婦(マック&シルビア夫妻)はレンタカーで新潟に行き、ロシアへの入国手続きを終えて来週中には戻る予定。それまではシャマド(鼓動)号は私んちの裏波止場に係留しております。
d0329286_21343530.png
4年前、同じくクルーザー(独身)生活のスイス人エリック氏が停泊して、彼からのメール情報でスペース滝にやって来たクルーザーは2組目になります。

日本が初めてという30歳の建築史につづき美術史研究院生ポリーヌさんの来訪はうれしい。彼女が望んだ金沢美大訪問は時間がなくて館前を通っただけで残念でしたが、21美は堪能してもらいました。復元竪穴式住居にも案内しましたし、縄文遺跡の話もしました。
ピピロッティーはスイスの人だったんだあ…もっと美術や建築の話がしたかったけどなあ。
d0329286_21364114.jpg
池田学・展」は見てるからというのに、入場券(私とマックが老人割引)を彼もちで再観。

d0329286_21370658.jpg

次の写真は21美ではなく、当館で東間氏の雷の作品に見入る彼ら。その後ろのキリンは福光美術館で披露した私の旧作です。
d0329286_21471735.jpg

つづいて土曜日、入れ替わってのお客様は日展の日本画家・京都の山本隆氏と睦子おくさま。お昼をご一緒した後は”審査員”画伯が自ら食器洗いの台所をしていただきました。世が世であればげに恐れ多いスナップ写真でござりまするです。虫人
d0329286_21405105.jpg

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
[ギタリスト・垣田 堂氏のブースページ]

DoNote : ミシマ


スペース滝のオーナー、Mushind E Nakata氏には、いつも多くのものを貰っている。
もちろん、品物でない(笑
アートは当然。そして一般の目も持ち併せた人物は珍しい。
いまなぜか、先の展望やこれまでの活動を顧み、方々への感謝の気持ちを再確認している。

あと数冊読み残っていたミシマ文学を消化しつつ、ふと直感した事を書く事にした。



三島由紀夫の本質(カキタ独断)は、「裏切らない」という精神に尽きると思う。
本業である文章はもちろん、対談などでの発言、及び言葉の選定が、無責任でない。
そこも、彼流の美学なのだろうけど。

それと、「対、自分」のすべての物事への、多大なリスペクトを感じる。

とかく、その最期を取り上げて、論争のネタや、批判のマトにする人も多い。ただもちろん、それが悪い訳もなく、一個人の意見は貴重だ。

三島が言おうとした事は、武士道、ボデービル、楯の会(自主防衛軍)などなど、一見ぶっそうな要素で曇らされるが、おそらく、「行動しろ、そして責任を取れ」だったと思う。

良いものを見る目を養い、精神、肉体の絶えざる練磨を愛する。
とは少し大げさな言い方だが、平易に、そして深く解釈すると、自分の仕事に惚れ込んで、それをとことん突き詰める、という事ではないか??
熱意、希望、人への関心とリスペクト。
そんな人の代表が三島だったと思う。

d0329286_06152595.jpg

 追記
この半生で、5月という月には思い入れがあり、過去、身の周りで色々な変化がある。
高校卒業後、東京へ移住した月。
ギターのみ携え、単身ニューヨークへ渡った月。
そして、2018年5月にまた動く事を考え、待っている。

Go to EDO、再び。パワー充分。
人生は一度だ。
The text & photo by Do KAKITA   


スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
土曜と日曜日、「教習艇」がスペ滝最寄りの港域をぐるぐる動き回ってました。
d0329286_20411021.png
小型船舶(総トン数20トン未満)」の「操縦免許」には教習や実技試験があり、滝港(ここは滝漁港ではありません)でも時々やってます。シーズンが近いためか、めずらしく2隻でやってました。
d0329286_07153102.jpg
エンジンつきモーターボート等を操縦するには一級二級小型船舶操縦免許を、水上オートバイを操縦するには特殊小型免許を持つ義務があります。

また、二級には「湖川小出力限定」という区分もある。一級で操縦できる区域は無制限ですが、二級だと海岸から5海里(約9km)。二級の湖川小出力限定だと湖や川のみでしか操縦できない。水上オートバイを操縦の特殊小型船舶操縦は湖岸や海岸から2海里(約3.7k)とさだめられているそう。
d0329286_20423552.jpg
けっこう厳しいですね。テレビの紀行番組でタレントさんが漁船に乗せてもらう場面を見かけますが、あれとて一般人を乗せていい船はその資格をもっていて、どの船でも気安く乗せてくれる訳ではありませんのですよ。虫人


▲ブログTOPへ



スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
d0329286_23000343.jpg
雨の日がつづいてます。
数日前、まれな気持ちのいい目覚めをしました。若返ったような気分だったので「”水影”マシンの2号機」作品の設置調整を始めました。はかどりすぎてオーバーワークになり、先頃の雨続きの低温とともに神経痛が出て、昨日は身の置き所のない激痛でどうなることかと思いました。
が、本日は貼り薬が効いてやっと人心地がついてます。
d0329286_22594792.jpg
ところで、声が出ない人になったらしい。
作品の部品買いに100均に行き、レジのおばさんに「ちょっとした金物類は置いてないんですか?」ときいたところ、声が出てない事に気づいたのです。腹に力がなくて息が細いこともあるのですが、声帯がかすれて音になってない。口はパクパク動くし息もしっかり出ているのにスースー言うだけで声帯が振動していないのが自分でも分かる。おばさんは聞き耳を立てて、頬をすりよせるようにして(顔を赤らめながら)聞いてくれるのですが、結局通じなかった。

独り言さえ言わぬ日がつづき、発声メカの老化かとも思ったのですが、その前日タンが気管にからんで息が出来ない事が2度あって、必死の思いで咳払いをし続けた。その時声帯を傷めたらしいと思い当たりました。さいわい神経痛の軽減とともに、今日は声も戻ったよう…。
d0329286_22593227.jpg
そして雨の今日、氷見市に行って気になっていた古本を買ましたが、思いがけず鈴木大拙の禅の講演CD付き本を見つけました。店員さんとの会話も成立しましたから声は出てます。前の持ち主さんはなぜ手放されたのでしょうか…時々鉛筆の傍線があり、同類かなあと親近感を持ちます。

(『大拙 禅を語る』-世界を感動させた三つの英語講演-。2006年初版。株式会社アートデーズ)
d0329286_09290397.jpg
晩年の録音で、ゆっくりと、やや東洋人なまりの英語なので良く聞き取れるのですが、なにせ単語自体が難しく内容も深く微妙なので私の英語力では歯が立たない。で日本語訳を読んで、あらためて彼の偉大さを知った思いでした。よくまあ、これを英訳できたものと感心します。
儒教、道教、キリスト教、サンスクリット語の初期仏教や真宗などを、禅と比較しながら分かりやすく語っている。明治3年生まれ、昭和41年(私が大学時、半世紀前)に亡くなってます。

 ジョン・ケージも講義を聴いたと解説にありました。あの無音のピアノ演奏に込めようとしたのは、弾かない事で取り込める周囲の音や気配、大拙の言う”摂理”、自己を含む全てを一如(いちにょ=真理の根本は一つの意)と感得する悟りの世界へのいざないだったのかも知れません…。当時ベトナム戦争下、反戦の象徴だったヒッピー族や欧米の文化人に多大な精神的影響を与えた彼の肉声講演を、今の私が聴けるなんて…まさに"求めよ、さらば与えられん"だと思いました。


で、我が身に何が起きようとも、そのまんまを”摂理”と受け入れましょう…というのが本日の読後感想。おかげで今晩はことのほかいい眠りに就けそうです。虫人 
[写真:鯉のぼりは津幡町の能瀬川]

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]