佐藤文・陶芸個展(金沢)

佐藤 文さんの個展「青花の皮膚」
2月/23日(火)~3/7(月) 、12時〜17時。
(※木金と連続の定休日。)

カフェギャラリー「musée」(ミュゼ)金沢市柿木バタ畠3-1(2F)
076-263-1187
d0329286_12154330.jpg

d0329286_12165057.jpg

d0329286_12141848.jpg案内と私的解説:
21美に近い、趣味のいい親しみ易い企画をするギャラリー。
カフェスタンド横の、こじんまりした展示スペース。
営業日時が短く要注意です!

佐藤文(ふみ)さんは現役の金沢美大・陶磁コースの院生(4月から)です。

ろくろ成形後に歪める焼き物はよく見る手法で、焼いてから絵付けますが、伝統柄を含め小紋を根気よく施しセンスもよく魅力的。複雑な曲面の窪み奥まで筆が届いて、制作への愛を感じます。「器と身体」がテーマ。

九谷焼など皿の額(縁飾り)部分の小紋も、下絵段階では幾何学的な補助線を細かく多数引き、交点を結びながら気の遠くなる描線をしますが、プリント技術が発達した今、手描きと区別がつかないものもあります。

佐藤さんの曲面線描は職人芸。窯元生まれでもない北海道出身の学生さんがここまでやるのか!と感心しました。

スペ滝では、ぐうぜん北海道出身の伊藤考英(たかひで=石川県能美市)氏のトビカンナの小壷を(売り物です)おあずかりしていますが、道出身の、似た姓の若者二人に期待します。
虫人
d0329286_1230434.jpg


スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88


[PR]
by spaceTAKI | 2016-02-26 12:19 | ■美術/案内情報など | Comments(0)