漫画家Seiji氏の眼

当ブログが参加してる「日本ブログ村(「漫画家」)」ランキングで、スペ滝の遥か上、1位2位辺りの実力者の記事を転載させていただきます。(シェア自由とのことなので)

 まったく共感ですが、幼少時から地元"九谷焼輪島塗金箔漬け”+”額縁入の絵”の権威下で育たざるを得なかった我が苦悩歴をお察しください。ネット情報で世界が変貌しつづける中、力を付ける努力をしなければ先はないと思いますが…。目下コンビニなどで売られているシリーズ誌も核心ついてますね。虫人
d0329286_08065602.jpg


漫画家 THE SEIJIの現在(日記ブログ)
http://theseiji.sakura.ne.jp/wp/

吉村萬壱 第22回島清恋愛文学賞受賞 で運転手ついでに金沢旅行。』

◆永平寺

北陸自動車道を金沢に向かって、ここに寄らない手はない。夕方だったので光が美しかった。禅宗は禁欲的で坊主がセクシーだから仏教の中では一番好きな宗派だが、殊にここ永平寺は禅宗の美が凝縮されているバリバリ現役の修業の場で、全くもって恐れ入る。

◆加賀観光ホテル

片山津温泉の腐りかけのホテルだが、味があってレトロ感満載で大いに気に入った。泉質は塩辛すぎて髭剃り後に沁みたが、コスパ考えたら十分合格点、素晴らしい宿だ。

◆金沢21世紀美術館

ご存知大成功した美術館。エルリッヒの『スイミング・プール』とか、大学のバレー部の後輩ヤノベケンジ君も頑張ってた。いい美術館だ。週末だったので人が山盛り来てた。

◆贈呈式

受賞作『臣女』読まれた方は分かると思うが、よくこれに恋愛文学賞をくれたものだと思う。懐深いわ。それに何だか審査員の方とか出版社の方とかいい人ばかりで兄は恵まれておるわ。

◆じろあめ 俵谷本店

半沢直樹観てないけど、彼が好きな飴らしい。建物渋い。

◆テルメ金沢

宿が東急ホテルだったので温泉入りたくなって行く。金沢まで来てスーパー銭湯だが、ここもレトロ感あってよかった。湯質が源泉なのでなかなかどうして本格的な温泉だった。男湯で悪さをする人は犯罪ですみたいな張り紙がいっぱい貼ってあって、ひょっとしたら「発展場」なのかな?

◆鈴木大拙館

ここは資料館ではなくて、まさに禅を実践する建築の様だった。独りで静かに訪れたらまた違った楽しみ方ができるんだろう。これは温泉、美術館、記念館、すべてに言える。文化に触れるときは独りがいい。

◆泉鏡花記念館

鏡花ファンなので楽しみにしてた記念館。一番驚いたのは手稿や書簡があったことと、その字が素晴らしく美しかった事だ。ここの館長さんは日本恋愛文学振興会の会長さん(金沢学院大学長)で今回の賞の主催者であらせられるので、是非鏡花の字の複製を販売してほしい旨、兄を通じてお願いしたく考えるものです。

◆志摩  国指定重要文化財のお茶屋さん

観光名所としてはここが一番よかった。
d0329286_08054936.jpg

という訳で、運転手という名目で旅行させてもらってありがとうございました。
しかし、何と言うか金沢というところは、やっぱり京都の真似だな。全国99%のシェアを誇る金箔というものが金沢のすべてを代弁している様に感じた。なんだろう、文学は本物なのだが、九谷焼と輪島塗と金箔にまったくもって辟易してしまったのだ。

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
by spaceTAKI | 2017-04-05 08:48 | ■文筆 | Comments(0)