DoNote/ミシマ

[ギタリスト・垣田 堂氏のブースページ]

DoNote : ミシマ


スペース滝のオーナー、Mushind E Nakata氏には、いつも多くのものを貰っている。
もちろん、品物でない(笑
アートは当然。そして一般の目も持ち併せた人物は珍しい。
いまなぜか、先の展望やこれまでの活動を顧み、方々への感謝の気持ちを再確認している。

あと数冊読み残っていたミシマ文学を消化しつつ、ふと直感した事を書く事にした。



三島由紀夫の本質(カキタ独断)は、「裏切らない」という精神に尽きると思う。
本業である文章はもちろん、対談などでの発言、及び言葉の選定が、無責任でない。
そこも、彼流の美学なのだろうけど。

それと、「対、自分」のすべての物事への、多大なリスペクトを感じる。

とかく、その最期を取り上げて、論争のネタや、批判のマトにする人も多い。ただもちろん、それが悪い訳もなく、一個人の意見は貴重だ。

三島が言おうとした事は、武士道、ボデービル、楯の会(自主防衛軍)などなど、一見ぶっそうな要素で曇らされるが、おそらく、「行動しろ、そして責任を取れ」だったと思う。

良いものを見る目を養い、精神、肉体の絶えざる練磨を愛する。
とは少し大げさな言い方だが、平易に、そして深く解釈すると、自分の仕事に惚れ込んで、それをとことん突き詰める、という事ではないか??
熱意、希望、人への関心とリスペクト。
そんな人の代表が三島だったと思う。

d0329286_06152595.jpg

 追記
この半生で、5月という月には思い入れがあり、過去、身の周りで色々な変化がある。
高校卒業後、東京へ移住した月。
ギターのみ携え、単身ニューヨークへ渡った月。
そして、2018年5月にまた動く事を考え、待っている。

Go to EDO、再び。パワー充分。
人生は一度だ。
The text & photo by Do KAKITA   


スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
by spaceTAKI | 2017-04-21 07:17 |  垣田堂ブースページ | Comments(0)