カテゴリ:■マンガ( 5 )

d0329286_17173912.jpg
嵐が過ぎた日の浜辺に椿(山茶花?)の花びらが散在していた。どこの岸辺から流れ来たのだろう。

首ごと落下する深紅の花ビラのみを、濡れた砂浜に見るのはちょっとシュールだ。
d0329286_15455059.jpgd0329286_16213197.png

 田中雅紀さんのマンガで『とんとむかし』を出版して久しい。(彼の出身地志雄町の図書館にもありましたよ)

この中に椿の原の住人「八百比丘尼(やおびくに)」があります。能登の富来町の民話ですが、実は似た話は各地にもあります。

ここでは、能登の富来に住む800歳の美しい女で、越中の黒部の玉椿千軒(たまつばきせんげん)に居た子ども時代、人魚の肉を食べて長寿になった、という話。能登外浦と富山県の黒部市辺りが結びつくのは古代史の舞台と同じであり、古人の地理的感覚に改めて気づかされる思いがします。

表紙の撮影は金沢美大でカメラを教えてた生水さんで、この前見舞ったらこの仕事は印象に残ってると言ってました。私が角永和夫氏の面識を得たのも現代美術作家でもあった彼の紹介だったかと記憶します…。虫人

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
「ラジオ体操4日坊主」の巻
d0329286_13405675.jpg
老いてのラジオ体操が三日目を越えた。老人の考えでは一週間で成果が出るので重要な時だ。
4日めの朝身体がだるい、寝冷えで風邪をひいたらしい。だが老いぼれじじいは”スポコン君”なみに頑張った「三日坊主はヤだ!」。


間違いだった…寝付いた。彼は昔、音楽アレンジャーの山口順一郎氏からの電話でこう言われた。
「君は何時電話しても風邪をひいてるなあ」
で、芸能人がやってるという食塩水による鼻のうがいを教えてもらい風邪に強くなった。風邪は数年ぶり…
d0329286_10514520.jpg
「そうだ橋本七度煎だ!」薬学部長時代の古川先生の奥様に教えられた通信販売の風邪の妙薬。ネット検索して電話。昔と変わらず郵便配達だという。注文したが日はかかりそう。



手持ち常備薬を探す。高麗人参、葛根湯、サンプルでもらった期限切れのパブロン、ビタミン錠、プロポリスを飲んで寝る。
d0329286_1049353.jpg
かつての腹切り手術は、今と同じ素人判断ミスが始まりだった。気が進まないが、明日は救急車をタクシー代わりにしてでも病院に行こう「独り身の辛いとこでござんす」。


翌日まあ元気になった。冷蔵庫がカラ同然。
「この際残り物の整理か…」買い出しの元気はまだない。「独り身の辛いとこでござんす」
d0329286_13243056.jpg
翌日、気分がいいのでアフロ・サンバを聴く。薬は届かないがもう大丈夫。夕方、学生君が来て美術談義についつい身が入り、さらに元気になる。翌日、ブログをアップ。


皆さんも夏バテで風邪にあってもあわてないよう「橋本七度煎」のご常備をお勧めしますです。写真は届いた薬ですが宛名が仲田になってます。とにかく利きます。(虫人)
d0329286_6561472.jpg
7個の出しパックが入っていて、一個で、浸すと煮込むで7回も煎じドリンクを抽出できる優れもの(¥1400.-+送料)。

市販の風邪薬と違い症状を抑制するのではなく、基礎体力を回復させて菌をたたくという漢方的コンセプト。即効性もある。

電話0569-62-0053
 <〒470-3321> 愛知県知多郡南知多町大字内海字北向100  
橋本七度煎株式会社



スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
ターザンごっこ、カンけり、チャンバラと日々忙しい。
d0329286_1502899.gif

夏休みは6時半にラジオ体操があった。そのかったるさ!これがなぜ「体操」という名であるのか、わんぱく坊主には理解できなかった。
きっと学校側が企てた、休み中も子どもを何かの方法で監視する陰謀の一つであろうと聡明にも彼は解釈した。
d0329286_493558.jpg
老人は思いついた、今日からあの頃のようにラジオ体操を始めよう!あんなモンなら軽く出来るワイ!

間違いであった。息がはずむ汗がにじむ。身障3級・後期高齢者証はダテじゃなかった。第2体操にさしかかるとギクリと腰に来た。危うく病院行きだ〜っ!
d0329286_20265199.jpg
さいわいコーヒーを片手に、井上みつるのギター・サンバを聞いて休憩したら痛みは解消した。老人はラジオ体操になぜオリンピックと同じ「体操」とあるのかを、身をもって学ぶことがでけた

明日もやるゾ!
3日坊主さえ乗り切ればきっとまた明日がある!…そう心の中で叫ぶのだった。ん?(つづく)

(註;「❸」は→カテゴリー「•虫人(Mushind)page[みそかまでの絵日記]」)


[PR]
このまんがじつは実話。MAC-x だけど、ヴァージョン古すぎでダメみたい。あきらめて釣りにでも出かけっかな。外浦あれても内浦は大丈夫。能登は海岸線長いから釣り場は豊富です。

MANGA
 [ Mr.MUSHIND is so-so at TAKI-village as everyday]
(2)
by Mushind N
d0329286_6582482.jpg

★早速、佐奇森氏の[小さな喫茶店の詩」反響がメールで届きました。もっとも、久しぶりにブログを見た本人のあわてての一言。「機会があれば、若い頃は女性にもてた、と書いてくれ」

そうね、奥さん美人だし、離婚話も聞かなかったし、ま、いいんじゃない。でも、それって少しばかつまんないでしょう、ね、諸君!(21.Nov.2011)

nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
MANGA
 [ Mr.MUSHINDO is so-so at TAKI-village as everyday]
(1)
by Mushind N

d0329286_7191845.jpg
(1)Must we train for the yacht in this foggy ?
(2)Exactly! It is the tradition of the HAKUI-industry high-school.
     - I'm flit for Republic of Vanuatu and Bhutan.-
(3)Oh! Look at that. It's the floating Miss KOFUNEKKO getting a break! ( This artist's name mean by the little boat )
(4)Hey! Don't to look away in the foggy, you'll get to flight off for the success after 10 years of the navigation training!
-If it is true, she is 27or 28 if a age?
-No, I know that she is 26.

こんな程度の訳しかできません。だれか、直して! 
文字が画像に入り込むと翻訳機が働きません。で海外の友人のために能力以上の無理してます 、フーッ。虫人

nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]