カテゴリ:■美術/案内情報など( 86 )

関西を中心に活動されてる画家の森本紀久子さんの東京での個展。今回のDM写真は、かつて日宣美に出品したパネル作品だそう。
「アーツ千代田 3331・アートフェア」の一環と思われます。
d0329286_13524531.jpg

金沢美大の先輩で、半世紀も前の日本でこんな絵を描く人はなく、賞を取りまくった。学生時代、北陸中日美術展(大賞受賞)の審査員だった評論家故・針生一郎氏が金沢から東京へ帰る列車にちゃっかり同行し銀座での個展戦略を練り、これも当たる。当時の先端はオプティカル・アートで、代表格のオノサトトシノブ氏が「針生さんはこんな情緒的作品を佳しとするのか」と文句をつけた一方、”芸術は爆発だ!”の岡本太郎氏からは賛辞を受けました。
d0329286_13533836.jpg
d0329286_13535503.jpg

当時の日本の現代美術界は欧米に追随するほかなく、評論家の役割もその紹介が主。戦後の日本が通らねばならない道の一つで、日本の現代美術の幕開けが本格化した時期です。

森本さんは美大卒業後は高島屋デパートの宣伝部に就職し、一時広告ともかかわったが、名古屋の中日新聞本社で大規模個展をしたのもこの頃。
今の私はとても東京旅行はできないけど、彼女からは「あちこちケアしながら…元気にしてます」との添え書きがありました。虫人
▷[緋の柩]へ  ▷[「エバナタウ」の秘密]へ

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
5月3日、4日、5日(金)、さんたちの舞踏等の公演が、金沢芸術村であります。

峠さんは富山県の八尾にお住まい。以前スペース滝で公演された時は富山に越されたばかりで、頭髪もしっかりありましたが、内容ともに進化されているようです。

同じく当ブログで以前で紹介の、高岡市にお住まいの山本瑞生さんが衣装を担当されてるとのこと、連休中は何かと催事多々ですが、ご覧になられては? 
d0329286_21142130.jpg
d0329286_21212033.jpg
切り絵のインスタレーションの舞台の中で、ガムラン・ピアノの生演奏と舞踏、影絵による物語をお届けします。ホームページからの購入もできます!
前売り大人1000円.高校生以下500円。
金沢市民芸術村 ドラマ工房
影の色彩 ワヤンプロジェクト×peciko

舞踏公演「鉱物の夢」
空間演出 岩井美佳×舞踏 峠佑樹
 ピアノの鶴見彩さんの演奏、5月2日(火)金沢音楽堂の邦楽ホールであるらしいのですが、「公式ガイドブック」でも何時なのかは不明、9人中の6番目というのですから。
『風と緑の楽都音楽祭2017』という、すでに4月28日から金沢の中心部でやってるもので「東京2020応援文化オリンピアード認証事業」の一環というのですが、私には何がなんやら…どうなってるのやら。

 去年までやってきた「ラ・フォルジュルネ」は、フランス、鉄鋼業の衰退で寂れていたナント市の若い市長が、世界を巻き込んで市を興したコンセプトで、金沢での開催も国際的におしゃれに若返らせてくれたようで、21美とともに明日への希望をつなぐ好イベントだと思ってましたが、邦楽が無いから気にくわないと言うので県は縁を切ってしまったらしく、今年からはこれに替わったらしい。

あいかわらず金沢は ”古いのと、ローカル”、のが良いのだとのことなんでしょうかねえ…。邦楽は邦楽、洋楽は洋楽です、ファンが異いましょう。美術も現代美術はそれ、で他は他とどうして切り離してやれないのかなあ。何を、どう見ているのか知りませんが、こうごっちゃでは共倒れが心配です。
「いしかわ・金沢」と頭にうたってるのに、共催に富山や福井の名が見えるのもへんなはなし。(お金や政治力がどこかで動いているのかなあ?)…。今回の旧態然としたドタバタ劇はなんだかすっきりしませんし県民の一人として恥ずかしいです…。虫人


[追記] 連休明けの新聞報道では観客数で前回を下回る事はなくて、関係者はほっとしたとのこと。まずはよかった。でも新幹線は京都へ向かって地元工事が始まってます。北陸が素通り地にならないようにグローバルな未来志向でセンスよくお願いしたいし、そのための三県協力なら多いに結構と思います。分かりやすく、スマート(野暮ったくならないよう)な発信へ 改善努力を重ねられんことを。虫人

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
卒展セレクション 2017

会期 2017年 3月16日[木]-4月2日[日]
10時-18時 入場無料
d0329286_10235269.jpg


d0329286_10282713.png石川県内のアート、デザイン学校の卒業制作展の中から「金沢アートグミ」の会員が選んだ作品を展示。会社員、デザイナー、OL、アートファンなどさまざまな人で構成されるNPO会員の目で選ばれた作品中からアートグミが最終的に選出した1名に、今後様々なサポートを行う。


金沢に住む”私たち”が次世代のアートシーンを選び育む、という趣旨の展覧会。

出品作家:
出口 鮎美(金沢美大 日本画)、
中新田 絵子(同院修士課程工芸)、
中村 侑依(金大 学校教育学類 美術教育 絵画)、
南部 成美(金城短期大研究生 デザイン・映像)、
西尾 亜衣(金大 学校教育学類 美術教育 彫刻)、
福善 春菜(金城短大部美術科 ファッション・工芸)、
湯本 祐生(金沢美大 彫刻)

一般人の会場での人気投票集計後、今後の長期サポートをする1名を決める。(相談の上個展、カタログ製作、作品預かり等のサポート)

d0329286_10243416.jpg
d0329286_11031156.png
d0329286_10253243.jpg
d0329286_10255758.jpg

[虫人のコメント]
展示は終了してます。
駐車場は尾張町通りの武蔵交差点最寄りの入り口から、近江町市場上Pへ。3階が会場ですが、さっさと見てくれば駐車料金はただで済みます。
写真パネルの裸体2点の作品にとても惹かれますが、私は大きな”金魚”みたいなフオルムの木彫工芸作品(中新田さん)に一票入れてきました。完成度が高く、うむを言わせない仕上がりでした。
教室を再現したインスタレーション、こうそのまんまではインパクトがないのですが、会場全体を新鮮にしていて、これがあるとないでは大きな違いでしょうね。
大きく羽ばたく人が育たんことを…。中田虫人むしんど

d0329286_12264981.jpg

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
2月が短くてあわててます。3月はあわただしくなりそう:
ピアノの鶴見彩さんは石川県から表彰されたばかりですが、15日は「彩の会」主催の定期演奏会(金沢)です。

 ※ 今夏は、スペース滝での演奏会と後援会総会(7月23日、午後)が決まっております。
d0329286_09200479.jpg


小松市のぎゃらりー・ソレイユで3月10日(金)~27日(月)、ACB会員以外の方も加えた『自由表現展』開催。

「小松市から急なお願いをされまして…」と、画廊からにも出品依頼があり、うっかりお受けしてしまい、旧作の小品を出品することに…なりました。虫人
d0329286_23472357.jpg

志賀町のペンション・クルーズでは以下の催し:
4/16 大塚まさじlive
3/5 ハゲちゃんの面白トークと素敵な唄でNight Show
3/25 佐藤ヒロキ宮田家康祐Live
d0329286_13253999.jpg


10日の夕方からは「金沢アートグミ」のお祝い会。

私は直接関係してませんが、アート(現代美術)は青年美術家に期待するところ大ですから、応援しております。ここが注目されてこそ金沢の未来があると思ってます。寄付する気持ちがあればどなたでも歓迎されると思いますのでご連絡されては?
d0329286_13212911.jpg
ギターの垣田氏がスペ滝で仲間内のパーティーをしたい旨。世の中3月とともに目覚めた感じです。虫人

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
d0329286_16441251.jpg
d0329286_16465757.jpg
d0329286_164528.jpg

d0329286_16442467.jpg


師走…はや1年が過ぎたか。

来年の企画や催しの話も出てるが、ややマンネリ化してるような気もするし、ここは落ち着いて制作三昧に浸ってみたい気もある…。

ここ数週間は過去のドキュメント整理をしており2個分のアルミケースをファイルブックに移した。新聞イラスト、広告デザインが圧倒的に多い。アルミケースは金沢市の自宅にまだいくつもあるが大変な作業だと分かったので、これ以上する気はない。今日からファインアート分の整理を始めたが3日もあれば片付きそうでこれは寂しい。来年はやっぱ制作三昧したい処だなあ…と思ったりする。虫人


ps:小松市の作家を中心にした「AC展」、今回は場所も変わり、作品も「平面の作家は立体、立体の作家は平面への試み」との、西田洋一郎さんの話でした。


スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
[七尾るみこさんのブースページ]

今年も内川鎮守の森ギャラリーの会期が近づいてきました。

****** 内川鎮守の森ギャラリー2016 *********
d0329286_09415139.jpg

日時
 2016年11月3日(木)〜6日(日)
 AM10:00〜PM4:00 (最終日〜PM3:00)

会場
 金沢市内川地区の:蓮花町諏訪神社、三小牛町八幡神社、
 山川町諏訪神社、山川町コミュニティーセンター、内川公民館
 竹の小径、ギャラリー花音、勝道山不動寺

お問い合わせ

 ギャラリー花音 TEL 076-247-3201

会期中、コンサートやステンドグラスや小皿作りのワークショップなどがあります。

1993年にこのアートイべントが始まって、もう23年になります。今では珍しくなくなった里山の自然の中にアート作品を展開する展覧会も、当初は先駆的な試みでした。

環境問題に対する市民活動から始まり、初めの頃より規模は縮小しましたが、次第にアートと自然や人間生活との関わり方、アートのこれからのあり方を考える場にもなり、何よりも、出品者やスタッフが年に一度この里山に集って、秋の繊細で穏やかな時と空間を共有するのが楽しみになっています。

この催しの創設者の一人、角偉三郎さんは既に故人、プレイベントから関わった永六輔さんも今年他界されました。
実行委員の方々も第1回目から参加している私も、23年の時の重みを感じています。(七尾るみ子)


d0329286_09462486.jpg

※七尾さん(金沢市)のほか、出品者の南敦史・寿美代(金沢市)ご夫妻からもご案内を頂きました。虫人

d0329286_13120960.jpg
[※上地図はご参考のため昨年のものをアップしました。細部で今年と違いがあるかもしれませんが、ご容赦ください(虫人)]

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
愛知県からの春日井ギターオーケストラ公演がありました。
d0329286_12523395.jpg
d0329286_12525577.jpg
d0329286_18063841.jpg
10月29日(土)、14時開演。場所:石川県羽咋郡宝達清水町子浦(しお)・本行寺(ほんぎょうじ)。
志雄町の商店通りのJAから奥へ折れる。(写真)
d0329286_20114682.jpg
こちらへは初の遠征と言うので名古屋の中日新聞でもニュース報道済み。先月3名の方が下見視察に来られた。主催者の篔氏の計らいでスペース滝にも来館され、中林氏は愛用のホセ・ラミネスで2曲披露されたが、繊細でスイートな音色だった。

d0329286_19575461.png
写真は中林潔氏:ギターオーケストラの編曲とソロ演奏担当。2000年イタリア現地のプロと共に公演。

私は展示作品の説明と、ギターの垣田氏演奏の「水影作品」のDVD記録をお見せしたが「敏感に反応してますねえ」「能登にもこんな方がいるのねえ」と感嘆と賞賛をいただいた。
29日はバス一台にベースや大型ギターなども詰め込み、みなさん能登島の民宿泊。


金沢美大OBが開学70周年記念で開催中の「金の美・大展覧会」は11月前後からいよいよ佳境に入る。
d0329286_2012147.jpg
d0329286_20229100.jpg
d0329286_2013959.jpg
スペース滝の同参加展は8月に早々終了してしまったが、浅田さんは2度も来館され、美大卒の息子さんも伴われた。ID卒だが、無所属で日本画を描いておられる方。個展会場はトネリコ。虫人

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
毎年秋、「石川EU協会」主催の「国際フォーラム」が開かれていますが、今年も下記の要領で行われます。皆さまがたには、ご友人、知人をお誘い合わせのうえお越しになり、このフォーラムを楽しい有意義なものにして下さいますようお願い申し上げます。
 浅野周二
  d0329286_1012294.jpg
◆日時
2016年10月16日(日)、13:30より17:00まで

◆場所:「金沢東急ホテル」5F
(920-0961 金沢市香林坊2-1-1 TEL:076-231-2411)
◆フォーラム「EUにおける移民と反発
13:40~14:20:
基調講演・・・駐日欧州連合代表部 公使参事官・政治部部長 ファビアン・フィエスキ
講演1・・・:駐日大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事 ヴェルナ-・ケーラ-   
講演2・・・:元日欧産業協力センター所長 ヴォルフガング・パペ
講演3・・・:石川EU協会会長 楠根重和 

◆懇親会
同日夕:17:20~19:20
◆懇親会場所Venue of the party:
「金沢東急ホテル」5F(920-0961 金沢市香林坊2-1-1 TEL:076-231-2411)

懇親会参加を希望される方は10月13日5時までに石川EU協会事務局へお申し込み下さい。
ishikawaeu@gmail.com

d0329286_1042574.jpg石川EU協会会長が、浅野先生から楠根重和先生にバトンタッチされたようです。(フランス語からドイツ語にシフトしてません?)
さらなる発展をお祈り致します。長らくお世話様でした。虫人

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp 925-0005 
石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
展覧会・音楽会案内/安曇野、金沢、能登。

■ひろた画廊(金沢)で個展中の西田洋一郎氏は、スペース滝の夏の展覧会の出品者で唯一常設作品のない方でしたので2点の収蔵予約をしました
d0329286_741697.jpg

■嵐氏は光風会所属。アカデミックな美術団体の方を紹介するのは異例ですが理由があります。

 先日、嵐氏は奥様とスペース滝に来館されましたが、実験音楽系(ドローン)を当館でも披露されたASUNA氏の父上だと知りました。写真の作品はボール紙にガーゼを貼った上の描画だそうで、会でもどうやら異端の方らしい。

ギャラリーのある安曇野(あずみの)は古代に出雲や能登と関わりがあってもおかしくない地域(対立か協調かは不明)。理由は安曇族(もとは海洋民族)が、何かの理由で北九州からこの地に定住した人達らしいからです。ブログの「寺家はむずかしい」シリーズで、あと1回分を書き残していますが、それがこの辺りの話です。

d0329286_7392478.jpg


■志賀町のペンション・クルーズは近くのログハウスを新たに「カントリーロッジ・デジャヴ」として開設。ここのお披露目をかねてのオープン音楽会に「イソジン(ギター、ハンマーダルシマー、ブルースハープの=五十路ン)」」を呼びました。投げ銭で、前庭芝生の会場。
d0329286_7421044.jpg

▶[ハンマーダルシマー]前回のライヴへ

  テレビ金沢の「テレ金ちゃん」でスペース滝が放映され「見たよ」と反響が届いてますが、行きつけの歯医者さんのほか、わざわざ電話下さったのはリハビリの看護士・広瀬氏。金沢市でギターライブもするという彼は、展覧会の放映で出演されたギターの服部さんと知り合いという。で、「イソジン」に案内したいのですが、どうも病つながりになりがちなのがやや気になるところ…。虫人

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
バイオリン演奏家の島田氏(実験音楽系、金沢市)が、外国人演奏家を呼ぶのはこれが最後になるかも、と言うので「ロジャー・ターナー」との共演会に行って来ました。
d0329286_12344171.png
以前、ジョン・ケージの”演奏しないピアノ演奏”の有名なシーンを短い映像でかいま見たことがありますが、現代音楽史に残る画期的出来事が、意外にも狭い地下室にも思える会場で傍聴者もわずかなのに驚きました。意外とそんなものなのかも…。
d0329286_123334100.jpg
演奏後、楽器を撮っても良いかたずねたら、「どうぞどうぞ」とジェスチャーが返って来たので、片言で英会話もしました。横にいた若くて英語の達者な女性も交えて「70歳か?」「で、おまえは?」「プラス3」なんてね。
奥の穴のあるシンバルは既製品か訊いたら「ほら、スイスの××製だろう?」と目の前に突き出されました。スティック類には書道の筆まであって彼の即興演奏のデリケートさと的確さを象徴してるようです。
d0329286_12343494.jpg

▶ [ロジャー]へ
▶[展覧会音楽会(加能)]へ
d0329286_1234349.jpg
ここにあるように京都のギャラリー「trace」で個展を開催中(演奏日もある)。絵は小品で、ドローイングとコラージュを、折り帯状に仕立てたもので、彼の音楽感覚がそのまま絵になってるようです。
d0329286_12341377.jpg
一点買って来ましたのでスペース滝でご覧になれますよ。虫人
d0329286_1234213.jpg
スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]