カテゴリ:■人( 41 )

外国からのが、予告もなく突然横付けするギャラリーなんてのは、日本広しといえどもスペース滝ぐらいかもしれません。
d0329286_21335050.jpg
d0329286_21341826.jpg
3日前に着いたスイス人の三人を、慌ただしくもてなし、送り出し、今日はルーティーンのイラストを仕上げて新聞社に送信して、やっと元の生活です。
(ペンション・クルーズの家族、新聞記事にしてくれた榊原記者らとの船内ディナー・パーティーなどなど)
d0329286_21353282.jpg

もっともご夫婦(マック&シルビア夫妻)はレンタカーで新潟に行き、ロシアへの入国手続きを終えて来週中には戻る予定。それまではシャマド(鼓動)号は私んちの裏波止場に係留しております。
d0329286_21343530.png
4年前、同じくクルーザー(独身)生活のスイス人エリック氏が停泊して、彼からのメール情報でスペース滝にやって来たクルーザーは2組目になります。

日本が初めてという30歳の建築史につづき美術史研究院生ポリーヌさんの来訪はうれしい。彼女が望んだ金沢美大訪問は時間がなくて館前を通っただけで残念でしたが、21美は堪能してもらいました。復元竪穴式住居にも案内しましたし、縄文遺跡の話もしました。
ピピロッティーはスイスの人だったんだあ…もっと美術や建築の話がしたかったけどなあ。
d0329286_21364114.jpg
池田学・展」は見てるからというのに、入場券(私とマックが老人割引)を彼もちで再観。

d0329286_21370658.jpg

次の写真は21美ではなく、当館で東間氏の雷の作品に見入る彼ら。その後ろのキリンは福光美術館で披露した私の旧作です。
d0329286_21471735.jpg

つづいて土曜日、入れ替わってのお客様は日展の日本画家・京都の山本隆氏と睦子おくさま。お昼をご一緒した後は”審査員”画伯が自ら食器洗いの台所をしていただきました。世が世であればげに恐れ多いスナップ写真でござりまするです。虫人
d0329286_21405105.jpg

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
d0329286_09130236.png「石川さん」と言っても地元で知られている石川TV局のキャラクターのことではありません。

最近ギター音楽の専門誌に特集されたギタリスト石川征樹さんです。悪天候の日曜に来館されました。スペ滝の冬はクローズ同然なので、あわてて暖房を入れて会場を見ていただきました。

下のお嬢ちゃんは2歳だがなんとも個性があってかわゆい。いまも時々思い出します。

当館での演奏会打診でしたが、夏の鶴見さんのピアノリサイタルの日取りが決まったあとで相談、ということに。

で、奥様はアフリカンダンスの踊り手で、かつてコフネコトモ子さんの金沢地代、同じ会のメンバーだったとか。
世の中の狭いというか縁があるというか…。

ところで、[老人はまたやった…]シリーズをごぶさたしてますが、失敗がないどころか増々エスカレートし、笑い事ではないのでブログにあげないだけ。
d0329286_09150873.png
d0329286_09145060.jpg

 今年早々は吹雪の中でバック運転を誤って、お向かいの息子さんの愛車(600万円?)に当て、修繕費用の高額請求待ち中。
去年は自動車展示場の鎖を損傷させたに気づかず、防犯カメラから割り出した警察は見事当犯人を特定し、弁償させております。まるで地で行く刑事ドラマの出演者と言ったところでした。

下[老人はまたやった…3]は「やなかふぇ」での垣田堂氏と石川征樹さんのコラボ演奏時の記事で、石川さんとは初対面、今回で2回目です。虫人

 [老人はまたやった…3]へ

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401



[PR]
珍しいお客様が見えた。
屋久島にお住まいの、舞踏家・藤條虫丸 (ふじえだ むしまる) さん。
d0329286_19573627.png

お会いするのは二度目です。当館で舞踏を披露された加藤舞さん(写真の女性)の師匠でして、南加賀の”九谷焼の里”で彼女や虫丸さんたちの雨の中の野外公演を見、写真をとらせて頂きました。
「昔からの知り合いのようにポーズを」
とお願いしたので、当ブログの「虫丸さんに会えた」をご覧になられた方は親しい仲と思われたでしょうが、立ち話程度。もう会うこともあるまい…と思っていた方です。屋久島ですからねえ…遠い。

d0329286_19580010.jpg
上海、韓国、大阪と公演をし、能登の珠洲市の友人に会いに行く途中で、長居のゆとりはありませんでしたが「ここでも公演したい」と言い置いてたたれました。

お酒が強そうで、名前の由来はカフカの小説の冒頭から採ったとのこと。やや違うタイプの”ひげ虫”のようですが、思いがけないうれしい再会でした。
(写真こわもては自動シャッターで緊張の一瞬です)。虫人

▷[虫丸さんに会えた]へ

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
 TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
d0329286_19542135.jpg 若かった頃、気鋭の評論家が公開審査する「北陸中日美術展」という当地注目の公募展があった。気になる作品があり私から連絡をとってみた。それがM.大和氏との最初の出合だった。

 作品で印象に残っているのは、1969年の審査員だった針生一郎、本間正義の両氏が、白く塗られたコカコーラ木箱10個の展示方法をめぐり、あれこれ積み直しをやってた「プロセス」と言う作品。昔はビン類を木箱で運んだが、”審査員参加型アート”(?)のおもろい光景になった。

 掲載の年賀状は1974、77、98のもので、「キャンデーぼっくす」のロゴデザインは私が頼まれ、ここが彼のついのすみかとなる。
10日6日逝去。合掌。(中田虫人)

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88
  TEL&FAX 0767-23-4401

d0329286_14172742.jpg

▶虫人「小径」表紙画・随想の掲載(イージーライダー澤守氏のHP)へ


[PR]
神奈川県の平塚駅北口から西へ300mほどの一画、BUNGA(ブンガ)という衣里(いさと)さんのお酒を出すお店がある。高岡市にお住まいの彼女のお姉さんが、スペース滝まで連れて来られた。
d0329286_1812514.png
ピアノが弾けるというのでショパンのさわりを弾いてもらったけど、ご覧のような長い付け爪でした
d0329286_1811623.jpg

お姉さんは当館小品展にも参加された山本瑞生さんで、今はダンサーのさん(富山市八尾町)の衣装などを制作されているのだそうだ。
d0329286_1814061.jpg


スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
人の動きが活発になって、思わぬ人の来訪がある。

「(株)キヌガワ」というディスプレー素材の問屋が京都(SP事業部。本社は大阪)にあって、スクリーン・カーテンの注文をした。ネット経由の初取引で、不安やもどかしさもあったが、うまく運んだ。で、次の発注をしたいが忙しくてままならなかった。

昨日、突然長身で脚の長い外商員が来られて、京都からかとびっくりしたら、2月に金沢に支店を出したばかりだと言う。さっそく注文。先に紹介したアーク・オアシスデザイン、秋に進出を決めた東急ハンズなど、新幹線で注目の金沢には美術造形関連事業者の出店も目立つ。キヌガワさんはストレッチフォームという伸びる布が主力だからか繊維の盛んなお隣の福井県には既に支店倉庫があるのだという。

d0329286_10423473.jpg


ピアノの調律を13日にお願いしておきながら、朝、鶴来の角永和夫氏からガラスの作品をとりに来たら?という電話が入り、約束日なのを忘れて出てしまい、遠路からの「富山ピアノサービス」の伊藤信也さんには迷惑をかけてしまった。

歳をとると幾つもの仕事を同時にこなせない頭になるそうで、やってる事の外はみごとに抜ける、あぶないあぶない…。

7月17日の「鶴見彩さんピアノ演奏会(仮称)」当日も調律に来て頂く予定で、技術員の2女性も観演をかねて同伴する旨でした。


d0329286_10413850.jpg昨日は美大時代の同窓生・清水工房(看板室内装飾)の清水昭治氏も見えた。七尾市で仕事があり帰りの寄り道。

彼は工業デザイン専攻だったが、キャンバスでフラメンコギターを弾いていて、知り合いになった。日本の高度成長期には、金沢の繁華街のビル屋でバンドマンをしてた。ギターの服部さんもだが、同じ片町のビル屋でバンドに所属のプレヤーが私の給料の10倍も稼いでた頃だ。

今は本業の傍ら金沢交響楽団のチェロ奏者として年2回の定期公演に出る。ギターの垣田堂さんは観演してるが、わたしはまだ彼のチェロは聴いていない。
(中田虫人)


スペース滝 
nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88



[PR]
花見にでも行きたいお天気だが、懸案のスクリーンカーテン仕上げが先。

d0329286_745042.jpg
d0329286_7583492.png

マジックテーップの縫い合わせする人を探し歩いた。

市街の中心部(と言っても寂れた旧繁華街)のリホームやさんにたどり着くまで、車であてど無くさまよい、立ち話中のおばさんから教えてもらう。羽咋神社のサクラが満開だ。

郊外の新店舗街では「今は春のシーズンで混んでますからねえ」と、良い返事をもらえなかった。


前日、いよいよ幼稚園(仙台市)が始まるのでお別れのご挨拶にと、麗奈ちゃんとお母さんが来られた。

私は天井裏で補強作業の仕上げで、下で「千と千尋の神隠し」鑑賞で時間つぶしをしていただく。「お母さんが豚になったらやだ!」と何度も言ってたけど、恐いもの見たさで結局最後まで見てましたね。
d0329286_746119.png

先立っては、美術短大を卒業して埼玉県に就職する学生さんが挨拶に。スペ滝で役立ててと美術本を寄付。
d0329286_747878.jpg
野中さんが置いて行った「週間金曜日」表紙のバンクシーにも知識があって関心した。短大で現代美術史講義も受けたそうで、成長ぶりと衰えない美術への意欲がなんとも嬉しかった。

私は一段落したので、風呂に入ってから大掃除し、次の準備です。虫人

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88


[PR]
陽も射す日曜日。ヨットも外海で練習してましたが、水平線左、うっすら浮き島現象(しんきろう)のお団子に見えるのは、25km先の内灘砂丘に建つ金沢医科大病院のビル。
d0329286_19461913.jpg
漁協で水揚げ作業中は中條さん。私と同じ歳で、70過ぎる漁師さん。
d0329286_194969.jpg
散歩の私を、船だまりの「招福丸」から呼び止めてカレイを4匹もくれました。
d0329286_19514526.jpg
見ればクチボソガレイ、フグ、カナガシラ、ソイメバルなどが深いクーラーボックスに一杯。うしろに見えるのが刺網(サシアミ)で、前日海に仕掛け、先ほど港に戻り、即席うどんで夕食中のところ私が通りかかった。
(サシアミは、渡り鳥を絡めとるカスミ網の”海中版”で、産卵で浅瀬に来る所にカーテン状にしかける)
この冬空下での一人漁と聞けば心配だが、なれた仕事で大丈夫とおっしゃる。
d0329286_19591022.jpg
さっそく煮付けしておいしくいただきました。
魚はまな板の新聞紙上で作業するのがこつ。鱗、頭、内蔵をとり新聞紙ごとまるめて捨てる。卵は奥まで詰まっているが、内蔵は首もとのみにあるので腹は切り裂かないで出せる。
d0329286_2004689.png

東間章記(トウマ アキノリ)氏が、明後日NYに発つと言って最後の挨拶に見えました。
(現代美術がらみで)日本人つまりアイデンティティーを頭に置いての、縄文(最近世界的に注目されている)、また古人類の移動やホモ・サピエンスをホモ・スピルチャルと言い変えるべきという学者の見解やら、直感とエモーション、霊感、さては量子力学のアインシュタインVSボーア論争にまで話題がおよびましたが、次の挨拶現場の七尾市に向かわれました。
いつでも国際ケイタイで話せる時代とは言え、つい話盛り過多に…。 虫人
スペース滝
nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
九州は屋久島に住まわれるという虫丸さんに会えた。
d0329286_23141794.jpg
九谷陶芸村の商店街を練り歩き、客を先導したダンスグループ一行のチンドン屋さんから、映像の長谷川章さん(小松)と舞踏の藤條虫丸さんを、世界的な二人です、と舞台上からの紹介口上があり、いよいよ特別企画舞踏公演が始まる。
d0329286_2314418.jpg
d0329286_1956458.jpg
心配された雨が激しく降り出す。
d0329286_2310128.jpg
高さ20mもあろうかという釣り鐘形の輪郭をした壁型モニュメントに色とりどりのパターンが投影される中、舞踏がつづく。
d0329286_23364390.jpg
虫丸さんは黒い衣装。
d0329286_23103575.jpg
別の男性が舞台の端から端をキビキビと踊る。
d0329286_23501288.jpg
舞さんたちも、激しい雨…の中だが、
d0329286_23523688.jpg
コラボ音担当の山田信さんたちはテントの下の安全圏。
d0329286_19565232.jpg
d0329286_23462235.jpg
ここ石川県能美市の若い舞踏家・加藤舞さんが、スペース滝のSUMMER・LIVE・TAKIで踊った今夏、彼女から、天然肉体詩人「虫丸」さんという方の存在を聞いたが、まさか当人に会えるとは思ってもみなかった。
d0329286_75620.jpg
九谷陶芸村の催事「のみの美アートフェスタ・九谷陶芸村映像祭」に招待された一行は、12日の晩のあいにくの土砂降りの雨の野外舞台を終えた。
d0329286_2311468.jpg
私にとって虫人虫丸という二人の「虫」の出合が出来たいい日になりました。写真右の帽子が虫丸さん。(中田虫人)

 
nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
写真がたまったので載せます。その3:

村本守氏に会った。
帰りにカボチャを一個もらった。彼が作った物かは訊きそびれた。農業会社に就職して大杉町に移住したが、音楽から身を引いたわけではなく、金沢音楽堂の小ホールで予定の音楽会には参加するという。
d0329286_9311571.jpg


 美術短大で陶芸を専攻している美学生のM君が久しぶりにスペ滝に来て、信州土産のリンゴケーキを置いて帰った。カボチャと伴にスペ滝に出入りする誰ぞの口に入る。
亡くなった祖父が望んでいたので、新盆の今年は遺骨ともども信州長野の善光寺参りをしての手土産だという。素朴な形かもしれないが、この地では信仰がまだ生きている、と嬉しかった。
d0329286_9331069.png

 実はこの秋、金沢のNさんからは今年もイチジクを頂いている。同じ日に「ブドウ園もと」の高級ブドウを「金沢・ぶどうの木」から頂いていて、Nさんにお裾分けを持参したのだが、留守だったため別の方へ行ってしまった。Nさんには別にお礼をしなくては…。
d0329286_2052915.jpg
で、その行き先だが、その日のうちに中野弘子さん宅へ。篠笛を文化センターで教えている方で、金沢の草分けサンバ・チームでボーカルをしたこともある。
ギターの服部さん(羽咋市)に小松市の山間部まで同行して頂き、彼女との共演テストをしてもらった。オカリナでは様になったが、狙いの篠笛や能管は微妙な和音階との違いが支障になって予想通りにはいかなかった。
d0329286_9342851.jpg
小松市山間の大杉谷は、ガートさん主催の「大杉ミュージカル・シアター」があり、通いつめたこともあった土地だが、久しぶりの訪問で谷筋を一つ間違えて引き返したりし、後日は疲れが出て寝てばかり。ようやくブログ更新意欲がもどったところ。最後に「老人はまたやった(やりすぎじゃ)」大杉中町で、村本守氏とのはしゃぎすぎの一枚をご披露にておしまいです。(中田虫人)
d0329286_1254543.png

スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88


[PR]