オープン展 終了

2011年 10月 05日、Steve Jobs の訃報ショック。 天才で、美術愛好家で、奈良や村上それにデュシャンの便器を持っていた。MACのキーからどこか遠くで彼と繋がってる感じが好きだった。(虫人)

10月10日をもちまして
スペース滝のオープン展「それぞれの拠展=念底の装い」
を終了いたしました。
有難うございました


閉館いたしますが、収蔵品等の展示はご覧になれます。

展覧会最終日を過ぎても依然来訪者があります。西田洋一郎さんなど一部は展示されていませんが、大半はまだ展示されており、コフネコさんの映像もご覧に供しています。空きスペースができれば所蔵作品や館主の作品で少しずつ埋めていく予定です。
d0329286_16303181.jpg

9日は早稲田を退職後、台湾の高雄市で医師たちに教鞭されている吉岡亨先生や沼津市の本吉洋子社長を、当地の山崎先生がお連れくださいました。

 80歳の元大工さんご夫婦「新聞で見て、惚けないよう展覧会見ようと中能登町から来ました」
2台の自転車で。コフネコ作品については詳しかった。退職後は新聞や書物をよく読まれるとか。
「むかしは、そんな暇はなかった」とご主人「こんな人だったんだなあ、と今ごろ思う」と奥様。
    
私は何だか心打たれました。80歳になってあらたな充実した日々が来て、とうとう「現代美術展」にまで足を運ばれる事に成ったふたりの長い人生。こんな出会いがあると、展覧会をして良かったと、私自身が幸福になれる。コフネコさんが口にする「よろこんで頂けるのがうれしい」に少し近いかな。

ピアノの”天才ミクちゃん”「ブログには違う娘が映ってたよ!」
すみません。きょうのはご本人。横で立って低音弾くのは真奈ちゃん。
d0329286_16294686.jpg

●当ブログをMAC画面見ながらでの会話●

虫人「ジョブスが亡くなったねえ」
真奈「会社難しくなるね」
虫 「え?」
真 「MAC大変だよ、これから。だめんなるかも」
虫 「(ム、この頃の小6はすごい!ではこんなのはどうだ)彼って便器を持ってたんだよ」
真奈とミク 「(同時にこっちに顔)えっ!?」
虫 「(しまったダダもデュシャンもこの娘らと関係なかった)べ、べ、便器のコレクターとかじゃないんだよ
 …(ごめんダメじゃん)」おわり 

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg

 
[PR]
by spaceTAKI | 2011-10-10 16:24 |  '11オープン | Comments(0)