冷殺ジェット

「冷 ジェット」を使ってみました

ギターの垣田さんの曲で、”ゴキブリ”がある。ヒゲ括弧づきなのは正式曲名で無いかも知れないので。

”ゴキブリ”は良くアンコールがかかる。その時の気分で、キュルキュルと弦をなぞる虫の動きのみを表現したさわりのみ、文学で言えば俳句か川柳のような短い時もあれば、ちゃんとした一曲のこともある。先日のアンコール時の彼のコメントでは、虫を殺すに忍びず同居、と言って笑わせたが、これはそのまま私”虫人”のことでもある。

 出来れば同居したいが、そうもいかず闘って来た。今回見つけたのは「冷殺ジェット-85℃」というもの。朝食に欠かさぬバナナだが、夏はバナナ蝿に泣かされ、気づけば台所を占領されることも。場所がら強力な殺虫剤が使いづらいが、これは瞬間低温殺虫なので薬害なしという。
d0329286_5314210.jpg
使ってみたが一日で空にした。効かない。「這う虫・飛ぶ虫」という肩のフレーズ背後に描かれたイラストを見るとカメムシ、クモ、蛾、ゲジゲジらしきはあるが、ハエが無い

冷却スプレー(コールドスプレー)などの事故喚起の警告記事に新聞用のイラストを描いたばかりの処で、ここにあったDMEガスのほかに、ソルスティス「HFO-1234ze」という媒体が、虫退治の「冷殺ジェット-85℃」の有効成分表に示されている。この成分は地球温暖化係数が非常に小さいため、CO2排出量を99%近く削減でき、オゾン破壊係数もゼロ、というネット記事を見つけた。化学者たちも人知れずいろいろと研究してたんですねえ。虫人
スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
by spaceTAKI | 2015-07-12 11:29 | ■事 | Comments(0)