プチ情報金沢.小松.犬山

金沢21美では「誰が世界を翻訳するのか」(ザ・コンテンポラリー2)が12月13日まで。
見逃せない企画展だが、私はまだだ。


■で、その地下1階で「モダンアート展(無料)」を10月25日までやっていて、中井弥生子さんが力を入れてらっしゃる。20日(火)は”自動車にペイントしてもいい”ライブ企画があって、彼女自身も描くらしい。無料
d0329286_2101551.jpg
■10月23日(金)まで愛知県犬山東古券72[旧磯部家復原私設]で開催中の石田大喜個展は。巻物で出来た人物像
『「かきもの」が好評です。個展の情報が地元の新聞(中日新聞 知多版)に載りましたのでお知らせいたします。』
と紙面添付メールを頂きましたが、画像転載は割愛しました。

■12月6日まで「北陸新幹線ルートの弥生文化を探る」の展示が、小松市埋蔵文化センター(原町ト77-8)で開催中。11月28日、29日はフォーラムなどがある。
八日市地方遺跡(ようかいちじかたいせき):
JR小松駅東にあった小松製作所跡(「KOMATSU」本社工場があった)などから出た「小松式」とよばれる櫛目文土器が、ここを要に新幹線に沿い、関東にまで痕跡をのばしているという。約2000年前の「小松」が「高麗津(こまつ=韓人の湊)」を語源として成ったころの勢力がどれほどのものだったか私には興味深い。

 (※土器の最初の発見者が後藤長平(長兵衛)と解説図録にあるが、中学時代の恩師かと思う。)
d0329286_211491.jpg

■同小松市の大杉谷のガートさんから、今年のミュージカルを同市粟津温泉に復活された粟津演舞場で開催する予定と聞いた。私が小学校時代に毎日前を通った建物。どう内部を復原したのか興味がわく。
d0329286_2131645.jpg
写真はガートさん。
ドラムセットは、以前ピアノの演奏会をしていただいた地元の中学生M&M嬢のふたりが、女高校生となって初めてスペース滝に先日遊びに来てくれ、ドラムとピアノの合奏を披露してくれたなごり。(中田虫人)
d0329286_21232100.jpg


スペース滝
nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
by spaceTAKI | 2015-10-19 21:49 | ■美術/案内情報など | Comments(0)