人気ブログランキング |

運命はかく扉を叩く

[ギタリスト・垣田 堂氏のブースページ]

DoNote :「運命はかく扉を叩く」


この小噺は、とある小都市の、ある一夜の出来事。
天候、シチュエーション、そして登場人物の想定は、読者の皆さんにお任せする。
言うなれば、お話版の塗り絵のようなもの。。

今夜は火曜の夜。
遠方より友人が戻って来る、皆で集まって飲み会だ。
深更になり、次の店へ。
店内の雰囲気も手伝ってか、クールダウンの模様。
いい加減に戻ろうか。

知人と2人、方向が同じだったため、連れ立って歩く。
繁華街と、人のまばらな商店街を分ける橋。そこを渡り、普通ならば左へ折れ、家までのショートカットルートを辿る。
「コンビニへ寄ろうかな。。」
この知人の一言が、運命の小さな転換点だった。

d0329286_10543544.jpg真夜中の街路、前方からコロンとしたパトカーが来る。
僕らとすれ違うスピードが、徐行に近いほど遅い。
程なく、家が近くなった知人と挨拶を交わし、人気の無い住宅街へ入る。
その時だ、後方より明るいヘッドライト、道の左端へ避けると同時にストップする黒いセダン。
後部座席の窓にはスモークがかかっている。
助手席のオジサンの鋭い眼、とっさにヤクザに絡まれる自分を想像した。
いざとなれば手持ち(?)の自転車をアタックさせて逃げるか、、と思ったのも一瞬、「警察です。」の声。
拍子抜けがしたのも束の間、新たな面倒がやって来る

いつもと違う道を何故選んだか、まったく後悔の一言だ。
お酒が回り、直感力が鈍ったのだろうか、いや、一瞬よぎる不安を押し切った自分の情けなさだ。

ちょうどこの付近で頻発しているという、変質者のような人物と間違われ、というかあちらにとっては容疑者候補以外の何者でもないらしい。
身分証提示、自転車の防犯登録確認、所持品検査に始まり、いわゆる職務質問で洗われる。
この時点で、権力への憎悪メーターはマックス振り切り状態だ。
あちらも仕事だが、こちらも善良な一般市民の権利を主張、「ホームページ見てください。」、「ラジオもやってます。」など、効果のあまり無い持ち札を切りまくる。

最終的に、写真を数葉撮られ、とりあえず解放。
最後のセリフ「連絡が無ければ、平穏無事に過ごして下さい。」でトドメだ。

まったく、散々なウィークデー。
唯一の救いは、警官がそこそこ音楽に明るい人物だった、という事だろうか。
冷静になろう、回り回って、そいつ(失礼)が将来、僕のファンにならないとも限らない。
ちょうど、いま取り掛かっている演奏に生かせそうな体験じゃないか、圧制に押し流されつつも、逞しく抗う小市民。
昭和のスターになったと思い、芸の肥やしにしないで、なにがアーティストだ!

という風に短時間で納得し、寝床に入る。
昨日より、一回り大きな人物になったようだ。
かくして人生は続いて行く。

エンディングテーマ
ベートーベン 交響曲第5番
d0329286_10513980.jpg
【垣田 堂 オフィシャル・サイト】
http://do-kakita.cu-tablet.com/


【ラジオ】
「ギタリスト 垣田 堂のカキタイムズ」エフエムとなみ(76.9MHz)にて
■本放送:毎月第1、第3火曜日19:00~19:30
□再放送:各・同週の水曜日13:30〜と土曜日14:30〜
☆インターネットラジオが便利です。エフエムとなみのホームページにて。
http://www.fmtonami.jp


スペース滝 nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石川県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


by spaceTAKI | 2017-08-29 11:01 | ☆垣田堂ブースページ | Comments(0)