やけワインどす 

秋深し
いよいよ冬かあ、けあらし 1号 

11月22日
 今朝、といっても8時半、冷えます。外は今冬初の、けあらし(毛嵐、気嵐)。気象用語では「蒸気霧」と言うそうですが、けあらしは国語辞典や広辞苑にはない語。ネット情報では北海道の方言とも。本場・北海道の写真ではこんなもんじゃありませんが、私にはこれで十分、おおっ寒〜。
d0329286_11234300.jpg
 こたつに入ったきりでは腰痛が出、散歩に出れば膝や関節痛に。金沢や山沿いで初雪のあった先日はやや天気が良かったので、峠の向こう側の山中にある「床鍋鉱泉」に行って思い切り体を温めて帰りました。きのうも山中深く入って、碁石が峰の頂上まで”秋深し”を見て”歩き”ました。

 ついでに夕食時にワインを少し飲むことにしました。アルコール・アレルギーと宣告されているのですが、寒さには”百薬の長”が なんとなく効く気がして…今のところ良さそう。
d0329286_11243260.jpg


 時代劇を見てますと、昔の家屋は紙か板で仕切ってるのみ。暖といえば火鉢かこたつ。だからすぐ「一杯やって温まろう!」と言うのが決めゼリフ。
 実は、ありがたく使っていた薬用入浴剤に無水エタノール添加と小さい文字中に書かれているのに気がついて、これはまさにアルコール 「ノンアルコール」にこだわっていたのに…。だまされた私が悪いのか、だました誰かが悪いのか、これはもう、どうでもさらせのやけワインしかない”肩までどっぷりのアルコール浸け”老人ではござりませんか…のし。
(中田むしんど)
d0329286_11251689.jpg


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
by spaceTAKI | 2017-11-22 11:36 | ■自然 | Comments(0)