漂 着 

11月29日

異国語の 漂 着 物


今冬、北朝鮮の漁船漂着がつづいてます。

 昨年1月30日、地元の浜辺に漂着した物の一部です。お酒の瓶かと思われるロシア文字。たぶん中古車輸入業の船員さんが船から投下したものかもしれません。海流からみて本国からの漂着とは思えませんから。

d0329286_23335193.jpg


ヤシの実。これも遠き南国から流れ着いたものかははなはだ怪しいですが、随分くたびれているので遠い旅をしているかもしれません。
d0329286_23354415.jpg


多いのは何と言ってもハングル製品。韓国でしょうね。もちろん数を言えば国籍不明(日本製でしょう)が圧倒的ですけど。
d0329286_23370631.jpg


中国製らしきもそこそこあります、日本への輸入品かなと思われる色鮮やかな2個を除くと、他は時間経過が長い感じ。かなり以前に本国を出たのでしょうねえ。右中のライター様のもの、バッテリーにも思えますが、電気製品みたいでやや危険な匂いもします。
d0329286_23412321.jpg
能登半島は海流がぶつかるように突き出てますから、物ばかりではなく”漂着神”という渡来人?もやって来ていて、海辺の町村のあちこちの神社に祀られているようです。先進文化を運んで来て稲作を根付かせた先人たちなのでしょうね。
中田むしんど

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
by spaceTAKI | 2017-11-29 23:48 | ■事 | Comments(0)