音楽の神様 

[ギタリスト・垣田 堂氏のブースページ]

DoNote, 2018.5.21: 音楽の神様 


音楽の神様はいる(ある)。

いきなり、なんだか宗教色の強そうな出だしだが、近年そう思う事が多くある。
音楽の活動をするにあたっての、人との出会い、曲や作品との出会いもそうだ。
そう思えるようになって、やっとスタートを切った感がある。

今までは、言わば片想いの状態で、音楽が好きなのは当然だが、それをどう駆使するか、どう活動したいかを自問しながら過ごしてきた。
実は両想い、いや向こう(音楽)の側からも愛されなければ、良い音は出ないと気付いた。
それが、冒頭に書いた音楽の神の事だ。

考えてみれば、山の神、海の神、そこで暮らし仕事を続ける人間には、なんらかの信心が必ずある。
それを感じ、畏れてこそ、人間の苦闘が生きるのだ。
決して、怪しげな商売のような意味の信心ではない。
天気や災厄、およそこの世で起こる全てがそんな作用で動いているように思えてくる。

ある伝統芸能の名人が遺した言葉が、とても良く言い表わしている。

やっと下手になった」。

つまり、本当の芸に気がつくまでは、下手のまだ下、海のものとも山のものとも判別つかない程度のレベルなのだと。

海のもの、山のもの、音楽家、建築家、サラリーマンも含めよう、何の仕事、行動でも、あちら側からも意識されないと、本物ではないのだ。
そして、それに気付く、確信を持てる日が来たら、そこがスタートだ。

恐らく、本当の名人は皆そう言うだろう。それも直感している。
そして、そこに疑問を抱くうちは、まだまだ修行(言い方が怪しい)の序のうちなのだ。
直感を忘れた人や、根拠ばかり求める世の中とは相容れない発想、もとい考えかもしれないが、仕事を追い求めていく人間が突き詰めるポイントは、そんな世界にしかないのだと、強く思う。

最後に、僕は四十にして惑ってばかりなので、明日には変わっている可能性もある思想だと、ぜひ断りを入れたい。
d0329286_22320081.jpg

追記
塗装の硬化を待つため弾かずにいた、新しい楽器(ギター)「鳥の歌」。
目の前にしながら苦悶する毎日は終わった。
まずは、寝かした分の鳴りを取り戻している。

【垣田 堂 オフィシャル・サイト】
http://do-kakita.cu-tablet.com/


【ラジオ】
「ギタリスト 垣田 堂のカキタイムズ」エフエムとなみ(76.9MHz)にて
■本放送:毎月第1、第3火曜日19:00~19:30
□再放送:各・同週の水曜日13:30〜と土曜日14:30〜
☆インターネットラジオが便利です。エフエムとなみのホームページにて。
http://www.fmtonami.jp

 垣田 堂:
 ギタリスト。
 1978年、アメリカ・ニュージャージー州生。金沢市在住。
 ニューヨーク、スペイン・バルセロナでの演奏活動を経て、現在は北陸を拠点にする。
 美術館、ギャラリー、寺、プラネタリウムでのソロ演奏のほか、舞踊、朗読、ライブペインティングなど、他分野のアーティストとの共演も行う。


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
by spaceTAKI | 2018-05-22 22:34 | ☆垣田堂ブースページ | Comments(0)