人気ブログランキング |

カテゴリ:■事( 154 )

チコちゃん登場 

良く出来たカラス脅し
釜屋のかがし人口、微増中

5月11日
 ”かがし村”少しずつ人口増加してるみたい。今日通ったら、お祭り集団の真ん中に、チコちゃんと”カラス君”が出来てました。
d0329286_17291944.jpg
d0329286_17293324.jpg
道路に沿って、あちこちに延びて居る一組に、微動だにしない「カラスかがし」発見、と思ったら、いきなり飛び立ちびっくり。「本物カア〜」。中田むしんど
d0329286_17295822.jpg
d0329286_17301099.jpg
※前に撮ったブログ掲載済み写真を良く見たら、チコちゃんはすでにおりました。「ボーッと生きてんじゃあねえよ!」133.png 103.png
 
スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL; 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


釜谷地区のかがし 
連休めがけ、祭り模様


4月22日(月)
いいお天気で、買い物に出ました。
羽咋市裏手の近道からショッピング街へ行く途中、JR踏切手前は、おなじみのかがしエリア。釜谷地区では、居住者が減って行く寂しさをかがし人口で活気付けようと取り組んで来ました。
d0329286_18402558.jpg

冬の間はスキー場を模した一群でしたが、昨日あたりからはお祭り、です。この辺りのお祭りを模しているのですが、それだけにリアルで親しみがあります。が、かがし達の演技ですからどこかユーモラス。
d0329286_18411604.jpg
d0329286_18502777.jpg
d0329286_18410858.jpg
d0329286_18413973.jpg
d0329286_18453932.jpg

思わず車を止めて見入るのは、私だけではありませなんだ。いいムード出しています。 中田むしんど
d0329286_18415906.jpg


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL; 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


フーン

こんな作業かあ…

2019年1月25日(火)
鉄塔の下のユンボは、新しい鉄塔を設置するためのものでした。
d0329286_21451954.jpg
この辺りは民家が立ち始めてるためか、送電線の電圧をあげるためか、新しいものは高くでかい。
d0329286_21455801.jpg
d0329286_13483907.jpg

電線の揺れどめ作業は工事のためだったんですねえ。新鉄塔は旧鉄塔電線の左右電線の真ん中にニョッキリ突き出させるみたいですから。 中田虫人

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88
 TEL;0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


空中サーフィン?
高圧送電線の空中作業

2019年1月22日(火)
 昨日は雪。今日は晴れ間もあって今のところ暖冬ですが、写真は昨年暮れの5日に撮影したものです。
d0329286_20024887.jpg
高圧電線は山の中を通ることが多いでしょうから、こんな作業を間近に見るのは珍しいかも。通りがかりで見た時は一瞬「空中サーフィンかあ?」なんて見とれてました。ここの海は、冬こそサーフィンの季節ですから。
d0329286_20040214.jpg
d0329286_20044285.jpg
d0329286_20051585.jpg
昨年は強風で停電もありましたが、作業目的は電線同士が接触しないよう、あるいは揺れを抑えるようにポールを挟み込むもののようでした。
d0329286_20061200.jpg

鉄塔の下ではユンボが2台いましたが、これは別の作業でしょうね。 中田虫人
d0329286_20070043.jpg
[ネットでの参考情報]:
高い鉄塔の高圧送電線は2万ボルト以上です(50万ボルトの送電線もある)。鉄塔が高ければ高いほど、電線と電線が離れているほど高圧です。また電線を支えている碍子(がいし)の数が多いほど高圧です。


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88
 TEL;0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


d0329286_03283656.jpg
d0329286_03290125.jpg
d0329286_03291637.jpg
捕まえて外に放したい。
d0329286_03294935.jpg
d0329286_03301326.jpg
小さいので仕掛けが作動しない。何度も失敗。餌の位置や取り付けに工夫。
d0329286_03303065.jpg
d0329286_03304645.jpg
d0329286_03313058.jpg
設備屋さんが表戸を開けっ放しで出入りしていたんです。生き物は私一人のはずがゴソゴソ音がするようになって…。なんとか外に出そうとしたけど、うまくゆかず(蓋に挟まれ)残念な結果にしかなりませんでした。
 映画『男はつらいよ』で、寅さんが男の子の母親を探して二人旅をし、子供が病気になって夜中に大騒動になる場面、「だから生き物を飼うのは嫌なんだよなあ」の迷(名?)セリフ。

 気多大社の初詣を兼ねて、山本由美子さんが飼い始めたばかりの子犬を連れ新年の挨拶に寄ってくれました。ロイヤルなんとかと言う毛の長い目の大きな子でした。昨年はギターの垣田さんの実家では猫が亡くなり、お正月は私の弟宅では愛犬が老衰で逝きました。不本意ながら、しばし同居やむなくの小鼠を失って、私は改めて独り身の空虚さに気づいていますが、とは言え「だから生き物を飼うのは嫌」なんですねえ。合掌。 中田虫人

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


ブリおこし” 

楽しみな”プレゼント”


1219()

 稲妻が一本海に落ちるのを見ましが音がしません。夜、雷鳴が一個、それでおしまいかと思いきや、昨日今日と雷鳴が続いてます。

温暖化なのでしょうか、寒ブリ漁の幕開けと降雪を告げる雪雷「ブリ起こし」のはずが、春雨並みの温かい雨のみです。さすが海は荒れていますけど。

d0329286_08271201.jpg

 先日、曇り空の下に雪をいただいた立山連峰が見えました。いい写真でも撮れぬかと氷見の海まで行きましたが、慌ててカメラを忘れ、スマフォで…。同じアングルを「天然温泉足湯」からも撮りましたがやはりペケでした。日曜とあって、次々入湯者がありますが、年配のご夫婦が多そう。


 行きしなに見かけた消防車などは帰りには居ませんでしたが、豪勢な門と塀に囲まれた立派な田舎家だけに火事は残念です。


私は足の神経痛に耐えかねて、昨夕また峠越えして山中の「床鍋鉱泉」に行ったのですが、地元の方の話題はもっぱらこの火事のこと。元校長のお宅で、一人亡くなられたそう。老いたる私も心しなくてはいけません。


 いい話もあります。一昨日、突然東京の出版社「秋田書店」から電話が入り、漫画家の田中雅紀さんの描いた原画があるので要りますか、との問い合わせ。喜んで受け取りますと返事しました。近々送ってくださるそう。予期せぬ”サンタのプレゼント”になれば嬉しいのですが。

ただ田中さんは柔道漫画の記憶はないそうなので、全ては届いてからのお楽しみ。 中田虫人


スペース滝

925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88

TEL&FAX 0767-23-4401


● 能登地域が記録的な大雨、というので心配して他県から電話をいただいたりしましたので近況報告。

大 雨

8月31日
暑さが遠のき、元気が戻って部屋の整理を始めてます。
蛍光灯を買いにお隣・志賀町のホームセンターに行ったら入り口部分の駐車場が大きく水浸し、
d0329286_17563390.jpg
d0329286_17565262.jpg
すぐ角の堀松町の交差点付近では米町川方向への進入禁止規制。後の新聞によると22軒が浸水。
d0329286_17573097.jpg
d0329286_17575171.jpg
で、志賀町のロッキー(ホームセンター)は諦め羽咋市のロッキーへ。ここは少しましでしたがご覧の通り‥。
d0329286_17581725.jpg

あちらでも、こちらでも豪雨の話や情報が飛び交ってましたが、七尾市中島町で熊木川が氾濫し被害があったようで、新聞報道では能登演劇堂(仲代達矢氏が主宰の無名塾がある)も被害を受けました。滝町は大丈夫です。 中田虫人

スペース滝

925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 
TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


砂の像


5月26日
7月にスペース滝で展覧会「灰かぶりWorks」などされる高氏、大橋氏、岡田さんが再度会場を見に来られたので、昼食後コスモアイル羽咋に案内しました。
d0329286_15330663.jpg
思いがけず敷地入り口で当市名物の砂の像造りを見学できました。制作中を見るのは皆さん初めてで、興味ありあり。
d0329286_15324070.jpg
「雨が降ってもノリでコーティングするので崩れません」と千里浜砂像協会会長の原田さんから説明を受けてました。赤いシャツの原田さんは年配の方ですが「TVチャンピオン」サンドアートで優勝経験もあります。アシストされる若手は高校生から金沢美大のOBまで、時によって様々のよう。 (中田虫人)

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


御礼
訪問者40000人超え  

2月28日

今日、当ブログの延べ訪問者数が40,000人を超えました。
昨年7月から7ヶ月半で1万人のアクセス増しです。皆様のおかげです。心から御礼申し上げます。

d0329286_19303297.jpg
朝はログインできない状態で、昨晩のネットウエーブでハッキングされたらしい。今ほど解決してアクセスしたらこんな数字が飛び込んできました。明日から3月という、切りのいい再出発になります。

 このところ滝港はいいお天気で、いくつかの漁船が出入りしています。雪の嵐が続いていたころはこちらのスーパーでは魚の陳列棚が空っぽ状態でした。漁協の要請なのか、陸揚げしていた船が早々と海に戻されたのもありました。
d0329286_19305496.jpg


 有名な38豪雪(さんぱちごうせつ=昭和38年)の時は、今頃から本格的になりまして、私は東京芸大受験の帰りに列車ごと巻き込まれ、金沢美大の1次試験に遅れ、タクシーから降りると、門に待機の職員がいて手を引かれて、雪の中を走って会場へ引率された情景がありありと目に浮かびます。半世紀も前の話で、上野ー金沢が急行で8時間。何時間遅れたのかは記憶にありませんが懐かしい…。
今季はどうなのでしょう? まだスノータイヤははずせませんですよねえ。中田虫人

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg




2月16日

これが漂着船…かあ 
 

散歩コースのひとつだが、雪嵐でしばし来なかった。

 郵便局の帰り、ふとここへ迂回する気になる。先日、北朝鮮からの漂着漁船を羽咋市の海岸でも発見、という小さい新聞記事を見ており、今年は数がやたら多いので私も”発見”する機会があるかも…と期待しながら。

ん? これ、それではないか!! でも何だか既視感があるぞ。で知り合いの小塚記者に電話してみた。背景には波乗りたちがプレーしている。
d0329286_06054029.jpg
「中田さん? こんにちは。」と懐かしい声。
「それどこです? テトラの…マリーナの…?だったら先日書いた船ですねえ。まだ片付けてないんだ。お元気ですか?…」

ーーああ、やっぱり。あわてて警察に知らさずよかったあ…。
d0329286_06085775.jpg

漁船にしては変な形だ。
d0329286_06094040.jpg


d0329286_06131460.jpg むかし小松市の木場潟沿いに高校美術クラブの先輩油絵画家がいて、この内本浄氏の随想にこんなのがあった。

 彼が子供の頃の潟の風物で、小舟に水藻を揚げ、畑の肥やしにする話だ。底の平たい木造舟で、私も埋め立て以前の今江潟や柴山潟でも見たことがある。これらの潟は「加賀三湖」と言い、川で繋がっていた。
似た形なので、ここ羽咋市の邑知潟でも使用していた淡水用の木造沈没船が、この嵐で掘り起こされて浮いて出て来た”幽霊船”にも見える…。
d0329286_06110020.jpg

が、やや大きいし、報道によれば他の漂着船の底も平たくて外洋向きではないとあったので、目前のもやっぱり北朝鮮から流れ着いたんだろう。嵐の日本海へ操業に出るにしては随分粗末な舟だ、と彼の国の人々の苦労を想像しながら同情を禁じ得なかった。

 次の日にはシャベルカーが舟を砂丘に上げて、あれこれひっくり返して撮影するなど、10人ほどの人が立ち会い、調べた後はブルーシート掛けをした。

じっくり見学しすぎて、冷たい浜風で私はどうやら風邪気味になったらしい。年寄りの冷や水ならぬ”はな水”のお粗末でした。 中田虫人むしんど
d0329286_06101678.jpg


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg