カテゴリ:■自然( 125 )

中田さんが発見 

能登島でクジラが座礁?
正体はハナゴンドウ


4月14日
 12日朝、たまたま能登島を訪れた中田外喜男(金沢市)氏が、向田の湾内に漂う大きな魚影をカメラに納めて、能登島からの帰途スペース滝に届けてくれました。
d0329286_06574483.jpg
かなり腐敗しており海流に乗ってどんどん岸を離れていったそうです。体長は尾があれば2mぐらい。
近くに11頭(※)にまで増えた野生イルカ(ミナミハンドウイルカ)が生息していて観光船を楽しませているので、その一匹かと思うのが自然。しかし、立ち寄った能登島水族館がこれらの写真から「ハナゴンドウ」と断定、中田さんに知らせてくれました。

※:15日の新聞報道では、13頭確認されていたが3月から姿を消し、14日に1頭を漁船から発見した。が在来のものかは不明、いう。
d0329286_06533655.jpg


以下はWikipediaからの抜粋です:

 ハナゴンドウ(花巨頭)はクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科ハナゴンドウ属に属する海棲哺乳類。ハナゴンドウ属はハナゴンドウ1種。

 成長すると体長3mから4m弱、体重300から600kgになる。大きな背びれが特徴。体表の色は様々であり、若い個体は濃い灰色であるが、成長するにつれてほぼ白くなっていく。他の個体や主食のイカなどと衝突し引っかき傷によって白くなっていく。腹部は白い。
 口吻は短く頭部の形状は角張り、マッコウクジラに似る。10〜50頭程度の群を成すが、他のクジラやイルカと一緒に行動することも多い。人間の乗るボートに対しては特に興味を示さない。
日本では一般的にクジラとされるが、英語ではイルカ(dolphin=ドルフィン)。



 今年の冬は海が随分荒れましたから、その頃迷い込んだのかもしれませんね。滝港の漁師さんも今年はいつまでも荒れていて、と嘆いておられましたが…。(むしんど)

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
2月6日(火)
大雪に助っ人!  


雪解けの間にあれこれ動き、あとは閉じこもる。昨日午後、暗雲たちこめ除雪車が明かりをつけて作業。
d0329286_18213527.jpg

幸い?仕事が重なって退屈どころか別のストレスを溜めがち。金沢「ぶどうの木」が、お土産用に新製品開発を急いでいてキャラクターデザインなどを依頼され昨夜送信した。
d0329286_11084133.jpg
窓外の海側タブの木は風で雪は吹き飛んでるが、表面先が赤茶け、さすがの”ご神木”常緑樹も季節負けの体だ。
d0329286_11092370.jpg

ブログサイドでも紹介の”脱腸外科医”こと・浅野周二先生が久々の新エッセイを叢文社からだされるというので装丁の予約も入っている。外に出ずとも仕事ができるなど昔は考えられないと改めて思う。

石川県内でも、羽咋市は海沿いか雪は少なさそう。それでもまだ降り続くとか。福井市では既に122センチで、両県は交通網が麻痺しはじめている。

玄関は強化ガラスなのでほったらかしを決め込むが、ポストに新聞を入れられないと苦情の電話。ためて置いてとお願いする。
d0329286_11095379.jpg
d0329286_18235248.jpg

玄関ポストが喫茶と共有で、ママさんが一人通れる道をあけてくれた。おかげで夕刻初めて外に出てみた。
d0329286_17485014.jpg
車検の代車が雪に埋もれて買い物にも出れぬ。牛乳が切れそうなので当分はスキムミルクか。車検を終えたと連絡があったが、当分動けないなあ。
d0329286_18250653.jpg

金沢は既に70センチ近くとか、街中では雪捨て場に苦労し、そのうち金沢の我が家前は雪解け水が溢れるか…。

助っ人! 
2月7日(水)

 いつもお世話になっているボランティアさんが玄関を除雪。 筧さんは庭師さんなので、当ブログを見て自主的にスペ滝を”救済”に来られたのだ。なんと頼もしい!!
中田むしんど
d0329286_13261193.jpg


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg

/center>
[PR]
雪道さんぽ
雪ねこ


12月31日
雪の晴れ間は何か用事がてら散歩をする。体力が落ちたなあ、と思いながら…。
郵便局への裏通り、ネコ発見。冬の雀のように毛を立ててまんまる。
d0329286_18401677.jpg
オオカミに近い犬と違って、ネコの遠い先祖にはライオン、ヒョウ、ジャガーが傍系におり、わりと近い方ではピューマ、チーター、そして近縁では色々な山猫たちがいると言うが、いずれも数百万年という昔の枝分かれらしい。
概して南方の出なのだから、雪の上を歩くネコを見るたび気の毒に思う。
d0329286_18405167.jpg
カメラを向ける先に家影に逃げたけれど、足跡がくっきり。
d0329286_18423916.jpg
縁の下暮らしらしい。こたつのある居間の下辺りなら何とか暖をとれるかもしれない。が、野生の命は意外と適応力があって、端で見るよりタフなのかも知れない。

それにしても「こたつで丸くなる」我が人類はもともとアフリカ出身と言うから、ネコ以上に寒がりなのかも…(私だけか?)。中田虫人

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
1月14日

雪去る。
 
ようやく陽が射すようになりましたが、寒い。
富山方面に立山がくっきり。気持ちがいいですねえ。
d0329286_16085652.jpg
山手前の目立つ工場は「(株)カワイキャスティング」。ピアノの金属フレームを広く手がけて鋳物(cast)製作している工場です。
d0329286_16091560.jpg


白山の方はいまいちです。
d0329286_16094139.jpg

 私はもう確定申告の準備でストレスをためつつあります。山向こうの山中、床鍋鉱泉に行きたいけど道路情況はどうなんでしょう。去年、玄関ガラス戸に張り紙があって「営業は午後4時から」に変更する旨が書いてありました。近くなら気になりませんが、ここからだと帰りは暗い山道になりそう。

明日、氷見市に寄ってから行ってみましょうか。氷見では古書の「加能屋書店」さん(氷見プラファー・ショッピングセンター内)が催事場でバーゲンやると聞いてますが、あの悪天候下に金沢から出かけて準備してるのかなあ…? 中田虫人むしんど


1月15日
PS:
 早速氷見に行きましたが、山道にかかる前にパトカーに止められました。雪があがったばかりで、交通量の多い神子原・熊無ルートはスリップ事故か通行止め。で、三尾ルートで床鍋鉱泉を見ながら氷見市へ。ところがブック・バーゲンは案の定やってません。テナントのスーパーで食料を買い、日暮れて♨行きも諦め、むだ足でした。
1月20日
PS:
 今日、氷見経由で床鍋鉱泉に行きました。加能屋書店さんはポイント割引セールしてます。本の追加もあり、私のような高齢者たちが品定めしてました。催事場は目下準備中。山(床鍋)は先日、1mの積雪だったと入浴時に聞きました。虫人


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
1月12日

断続的に雪。 
世界が白に変身するのは嫌いでもないが、これは雪多すぎ!
d0329286_10545509.jpg
d0329286_10550494.jpg
d0329286_10552519.jpg

力不足で雪かきもままならないので、じたばたせず埋もれて過ごすことにしますか。
d0329286_10554405.jpg
d0329286_10560765.jpg
d0329286_10562953.jpg
まだ降るみたいですが、なるようにしかなりませんですって…。

午後4時前、「おおっ!青空だあ…!!」。警報も解除したらしい♬
中田虫人むしんど
d0329286_15525119.jpg


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
毎日嵐の中です
コクガン

1月10日
ゴーゴー海鳴りの毎日ですが、7日の日曜はやや穏やかな天候で、サーファーが一宮海岸に集まってたました。その日の午前中、港ではペンギンの燕尾服に似た品のいい白黒柄の鳥が4羽泳いでました。首の白いリンク・タイがおしゃれ。

 昔に一度見かけてまして気にも留めずいましたが、昨日調べたら意外にも絶滅危惧類天然記念物で、北陸でもめずらしい鳥と分かりました。
d0329286_02510842.jpg


コクガン黒雁:
 カモ目カモ科の冬の渡り鳥、
全長61cm。シベリアで繁殖し、東北北部から北海道南部の辺で過ごす唯一のガン。岩場の海藻などを食したあとは真水で水浴するが、夜も海に浮かんで過ごす。
雌雄同色。
個体数が少なく、絶滅危惧Ⅱ類に指定された天然記念物。おもに太平洋岸での越冬だが、少数が東海地方で見ることもある。

というようなことが説明されてました。数が少ないんですねえ…。

 さて、こちらは知多市にお住まいの石田大喜氏の犬。
d0329286_02515105.jpg
毎年干支の動物が新聞紙で作られますが、もちろん新聞そのものからオリジナルの手作り(のはずです)。巻物で作られた王朝人形(当館蔵)に発したシリーズの延長作品。
 中田むしんど<

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
雪模様
冬のドライブ 

12月18日
 今朝5時の目覚め。
シーンとした暗闇で、こんな朝は外がドカ雪のことがあります。おそるおそる玄関外を覗くと、昨日の夜に発った車跡と今朝の新聞配達人の足跡がくっきり。夜中は積雪も雨もなかったらしい。ところが紙面トップは、平年の10倍の30センチ、今季一番の金沢市内積雪ニュース。
d0329286_08112059.jpg

 私は相変わらず、用もないのにドライブしてます。出ればどこかで下車して歩き回るから適度な運動になるのです。で”老人はまたやった”を昨日もやった。
雪の降る峠越えをして氷見市街を抜け、ブック・ストアに入って気がついた。財布を持って出てない!この悪天候下、なんぞ起きたら困るので、あわてて戻りました。
d0329286_08264813.jpg

d0329286_08273678.jpg数日前は、よい天気で碁石ヶ峰を目指したところ、何度も倒木に行く手を阻まれ、頂上手前で引き返しました。
昔、能美市の山中で同じような失敗をやってることを思い出して怖くなりました。あの時は車の底を擦るほどの降雪が始まって、片側が谷という方向転換もままならぬ細山道で生きた心地がしませんでした。なんとか戻ったけど…。

写真は、干拓後の現・邑知潟のしっぽの部分(碁石ヶ峰、酒井からの登道で)。冬は落葉で視界が利き、空気が澄んでますから、それが魅力なんですねえ。
d0329286_08254024.jpg

ところで、古代の軍隊はどうも冬をめがけて進軍したらしい。
 収穫後の農家の蓄えを兵糧に狙って秋に発ち、春には戻る。そんな記述に出合うとはじめは疑いが起きました。行く先々雪なら、兵士は敵と寒さに立ち向かうことになり非合理ですから。でも、冬の平野を行く分には幾つか利点も考えられます。第一は視界が良好。第二は虫や蛇や腐敗による病気が極端に軽減できる。大道もない時代、行軍を妨げる葦や雑木、渡河川の水も少なそうです。寒さは火を焚けばしのげますが、夏の暑さは防げませんし。
 しかし、兵に追われ、収穫物を奪われ、あげく家まで焼かれたらしい冬の農民側に立てば、彼らの敵が時の軍隊なのは明らかです。ちょいと飛躍しますが、あんなちゃちな木造船で冬の日本海の操業を余儀なくされてる漂着遺体をおもえば、「北朝鮮は皆殺しにしろ(知事発言)」はいかにも為政者側目線だけの失言で”納得”ですけど。漂着民が工作員だとなると事は単純ではありませんが…。(中田むしんど)

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
12月11日

海があれてます。 
 
来年の吉凶を占う「鵜祭り」の新聞記事が掲載された日、我が家の窓から二羽見られるようになりました。
d0329286_15243212.jpg


ウミウを二羽捕まえ、16日に気多大社(能登一宮)で放し、飛び方で来年を占ったのち、浜で放つ。
記事は鵜を捕まえる方の話。
(追記:16日付け新聞報道では3年ぶりにウを捕獲できずに鵜祭りは中止。そんな年は概して無事平穏だそう)

▶[奇祭・うさまどうちゅう]へ
d0329286_15251146.jpg

d0329286_15254696.jpg低気圧で港内は荒れてます。いつもならウミネコの避難所になるはずのところ、どういう訳かこの二羽のみ。それも時々いなくなるので、皆どこで過ごしてるのかちょっと気になります。

ゴーゴー海鳴りが凄まじい。こんな日は食品スーパーも人がまばらで、夕刻早めに値引きが始まるようです。

買いだめがあるので買う物はないのですが、運動不足解消に出かけてみますか…ご苦労なこってすが…。
中田虫人むしんど

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
ドライブ
神子原から碁石ヶ峰

11月23日
羽咋市から、氷見市の峠にある熊無の「おやすみ処・くまなし」まで行き一服し、神子原みこはらまで戻ります。4個で180円の大きなさわし柿を買いました。
d0329286_17304241.jpg
熊無のクマは隈取りの隈、つまり「翳かげり」のことかもしれません。あちこちの地名の熊をすべて熊さんにするにはやや無理があるような気も…。山里とはいえ、この村は確かに日当たりが良さそうです。
d0329286_17313218.jpg
神子原からは案内標識に従ってどんどん登ります。初めて通るコースです。
d0329286_17320023.jpg
d0329286_17323120.jpg
d0329286_17325316.jpg
d0329286_17331240.jpg
頂上からは富山湾や七尾湾が見えます。湖のように見えるのは七尾湾でその中を横切るは能登島です…。
d0329286_17335027.jpg


今日の日本海は荒れていて、せっかくの休日も釣り人泣かせ。寒い中がんばってる方もありましたが。ブログは先日のドライブ時の写真で、夕陽の暖色をご覧にいれて、せめて目からだけでもほっこりしていただければ…との思いです。
中田むしんど

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
秋深し
いよいよ冬かあ、けあらし 1号 

11月22日
 今朝、といっても8時半、冷えます。外は今冬初の、けあらし(毛嵐、気嵐)。気象用語では「蒸気霧」と言うそうですが、けあらしは国語辞典や広辞苑にはない語。ネット情報では北海道の方言とも。本場・北海道の写真ではこんなもんじゃありませんが、私にはこれで十分、おおっ寒〜。
d0329286_11234300.jpg
 こたつに入ったきりでは腰痛が出、散歩に出れば膝や関節痛に。金沢や山沿いで初雪のあった先日はやや天気が良かったので、峠の向こう側の山中にある「床鍋鉱泉」に行って思い切り体を温めて帰りました。きのうも山中深く入って、碁石が峰の頂上まで”秋深し”を見て”歩き”ました。

 ついでに夕食時にワインを少し飲むことにしました。アルコール・アレルギーと宣告されているのですが、寒さには”百薬の長”が なんとなく効く気がして…今のところ良さそう。
d0329286_11243260.jpg


 時代劇を見てますと、昔の家屋は紙か板で仕切ってるのみ。暖といえば火鉢かこたつ。だからすぐ「一杯やって温まろう!」と言うのが決めゼリフ。
 実は、ありがたく使っていた薬用入浴剤に無水エタノール添加と小さい文字中に書かれているのに気がついて、これはまさにアルコール 「ノンアルコール」にこだわっていたのに…。だまされた私が悪いのか、だました誰かが悪いのか、これはもう、どうでもさらせのやけワインしかない”肩までどっぷりのアルコール浸け”老人ではござりませんか…のし。
(中田むしんど)
d0329286_11251689.jpg


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]