<   2013年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

d0329286_13343056.jpg
石川県羽咋市でのロケ。ロケ隊の宿泊先は温泉ホテル「ゆ華(ばな)」。のと里山海道「千里浜IC」入口に隣接。
d0329286_13334120.jpg

19日の柴垣海岸でのロケ。白いハイライトで揚がってるのは大きな照明。すぐ下にカメラ用のレールがあって、下で米倉斉加年さんが車椅子で何度も往復。
d0329286_13354127.jpg

松竹撮影隊の腕章を前に、最後の書類確認作業をされる「記録」の女性。(羽咋市滝町の滝崎で)
d0329286_1336619.jpg

道路で中の様子をうかがうギャラリー。中から「本番!」の声が何度も聞こえる。
d0329286_13363832.jpg

拍手があって、終了。
d0329286_1337079.jpg
間もなく監督自身が現場の建物から出て来られて、このアプローチを塞ぐ形で皆さんと記念撮影が2回。

記念撮影では「小さなおうち」と書かれた畳大の看板を前にして妻夫木聡(つまぶきさとし)さん、木村文乃さん、白髪頭の米倉斉加年(まさかね)さんら俳優とスタッフが、民間協力者の撮影と入れ替わりで二回の記念撮影。

私はご近所のみなさんのご厚意で撮影に加えてもらい、帰りの車で待機中の監督と握手する栄誉にもよくしました。「泣いてたまるか」以来の”寅さん”ファンの私としては、能登の片田舎で監督と手を握るなんぞ、信じられないこと。正直なんだか夢見てる気分でしたよ。
d0329286_13373897.jpg

撮影場所は海に面する滝崎の丘の上の林の中。海岸を通る自転車道からも屋根の一部が見えます。
d0329286_13382270.jpg

何度も車の出入りがつづき、後片付け。
d0329286_13392565.jpg

最後は現場責任者が挨拶に来られ、道路をスタッフが竹ぼうきで掃除しておられました。虫人

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
ロケ隊の車が勢揃いしました。
d0329286_13255943.jpg

中でも電源車は存在感があって目につきます。(ん?マーク逆さまじゃん。ま、いいか)
d0329286_13263310.jpg

駐車場は岡山さん宅のを提供されています。
d0329286_13272269.jpg
夕刻には千里浜インター近くの「ゆ華(ばな)」ホテルに引き上げました。日曜日はお隣りの柴垣町。町民はこぞって海岸の清掃をしたそうです。いまごろは温泉に入って、ご馳走食べて…いいなあ。

スタッフのお昼時間にはキャッチボールしたり、中には釣り竿を出して堤防に行く人、ロケ地最寄りの白い喫茶店「ジェット」でコーヒーとしゃれ込む人もありました。ロケ隊っておもしろそう!虫人

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
(きょうは羽咋市柴垣のロケときいていたけど…あ、見っけ)
d0329286_1137745.jpg

やっぱりそうだ。海辺を車椅子で行っては戻りの大きな帽子にライティング。それに沿ってレールがあるから移動しながらのカメラワークらしい。
d0329286_11375046.jpg

中心の車椅子が監督ご自身か、それとも倍賞千恵子さん演ずるタキさんか、そのへんはさだかならず。

翌5月27日の北陸中日新聞(島崎記者)では、帽子が米倉さんで、監督は黒い半袖シャツでかくしゃくと指示されてる。だれですかねいい加減な情報くれたの。米倉さんは"奥様"の息子役で、訪ねてきた若い二人に昔の出来事を語るシーン。
d0329286_11382561.jpg

これ以上近くの撮影はしかられそう。きょうは暑いので砂浜の撮影は大変でしょうねえ。

いつもの日曜なら、このあたりはサーファーたちの海。今日はカメラに入らないよう長手島(小半島)の反対側に移動して、大勢がプレーしてました。(虫人)
d0329286_11385587.jpg


スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
演奏会終わる
本吉芽衣菜さん;アラン・メンケン曲=アニメ映画「アラジン」から「ホール・ニュー・ワールド」、FR.ショパン「Grande valse brillante(華麗なる大円舞曲)」、アンコール曲はSAOから「Name Unknown」
d0329286_7484854.jpg

岡山美空(みく)さん;モーツアルト「トルコ行進曲」、同「アラベスク1番」、アンコール曲はドビッシー「亜麻色の髪の乙女」。
d0329286_749206.jpg
会が終了してもお客様が誰も席を立たれる様子がなく、リハで取りやめを決めていた連弾など、急きょ演奏をつづけました。
d0329286_749584.jpg
d0329286_7502998.jpg

会期は、あと一週間を切りました。月曜は休館ですので今日日曜を含めて5日を残すのみです。虫人

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
山田洋次監督の新作「小さいおうち」の滝町のロケ。準備が始まりました。
d0329286_1127267.jpg

日程は25日26日は準備が主で、本格的な撮影は27日(月)になるそうです。
d0329286_1128068.jpg

スタッフ、若いーっ。「ブログに載せていいですか」「いいよ、有名人いないし」なんて会話。
d0329286_11283462.jpg

晴れの日のうちに野外ロケを済ませるべく、柴垣の撮影が先で、のち室内ロケを滝町の予定。お天気は当分続きそうで、ロケの先駆けスタッフの方は喜んでらっしゃったという。

今朝24日は海には波もなく、ロケ地の滝崎の前海では海底迄透けて見えました。
d0329286_11293050.jpg
今日夕刻には監督自身も千里浜IC近くのホテルに着かれた模様。総数で69人の大所帯だそうです。<虫人>

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
25日ピアノ演奏会の時間が最終決定しました。
午後3時からの1回だけになりました。

土曜日は出演中学生たちは部活が終わってからの準備になるので、予定通りでは無理だと判断いたしました。悪しからずご了承くださいませ。

今日の夜はお二人がそろっての初の弾き合わせが行われました。左が芽衣菜さん、右が美空(みく)さん。
d0329286_1195876.jpg

私のいたずらで、美空(みく)さんに目隠しのマスクをして曲をひいてもらいました。ちょっとはもたつきもありましたがほぼ支障無く弾いてくれました。こんな芸当は”天才ミクちゃん”とよばれる彼女ならばこそ。でも残念ながら、当日の披露は「いや」だそう。
d0329286_11103231.jpg

本日は金沢美大から2教授が来館されました。退官された五十嵐先生と現役の青柳先生。哲学と語学の専門家でいらっしゃいます。一度スペース滝を訪れてみたかったそうです。

ボランティア・スタップも私も、突然のご来館に驚いたり喜んだり。院生を担当されている青柳先生はバリ島の芸術大へ留学中のコフネコさんを気になさっていらっしゃいましたが、女流マンガ家やアニメーターなどの知識が豊富で驚きました。同大からはかなりの逸材を排出してるとの話もお聴きしました。(中田虫人)

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
25日のピアノ演奏会は午後3時の1回行われます。
同日は山田洋次監督の新作「小さいお家」の滝町でのロケの初日でもあります。
本吉芽衣菜さん;アラン・メンケン曲=アニメ映画「アラジン」から「ホール・ニュー・ワールド」、FR.ショパン「Grande valse brillante(華麗なる大円舞曲)」
岡山美空(みく)さん;モーツアルト「トルコ行進曲」同「アラベスク1番」、ドビッシー「亜麻色の髪の乙女」

お二人は中学の2年生です。会期中の最後の催しになります。
d0329286_1811689.jpg

小松市の林政廣さんの写真の展示かえがありました。
また、新たにイラストやマンガを描かれる、金沢市の森優さんという女性の友人たちの肖像イラストなどが4点加わりました。

d0329286_1811231.jpg
粟津尚子(たかこ)さんの油絵が一点売れました。
写真は売却の「青海波 は」油絵20号

1967年金沢美術工芸大・油絵卒。主に大阪、東京銀座などで個展をされて来ました。通常は100号を超える油絵ばかりなのですが、秋に小品の個展をされるというのでめずらしく描かれていた小品のうち、3点を当館に展示されていました。奈良県生駒市内におすまいで、生駒山中にアトリエをお持ちです。


今日は週末を利用した、富山県など遠路からの来館者が多かったです。


nkt@yacht.ocn.ne.jp
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88  TEL&FAX 0767-23-4401


[PR]
[マンガ家・田中雅紀氏の自伝]
アシスタント


マンガを描いてきて幸せだったことは幾つもあるが、その一つはマンガを通じて多くの友人や知人ができたこと。友人は、今は年賀状だけの付き合いだが北海道にも沖縄にもいる。変わった人では前進座の役者さんもいる。

そして、最近気がつき自分でも「これって、すごくない!?」と思ったことがある。それは、むかし私が仕事を手伝ってもらったアシスタントの女の子たちの中から5人がマンガ家になったことだ。地方にいて仕事量も少ないマンガ家のアシスタントから、びつくりの数だろう。

d0329286_947405.jpg
坂田靖子さん、花郁悠紀子さん、橋本多佳子さん、波津彬子さん、かまたきみこさん。当時はみな20歳前後の女の子だったが、もちろん今は‥‥‥。

今年2月に読売新聞の「ひと模様」で波津さんが紹介されていて、写真で久しぶりにお顔を拝見。可愛い良い感じのおばちゃんになっておられた。

男性でアシスタントしてもらった人はただ1人、このブログの主中田虫人氏だけ。

5人の中で26歳の若さで逝った花郁悠紀子さんのことを思うと残念でならない。単行本を幾冊も出し、すでに高い評価をうけていたが、これからが楽しみ、というところだった。入院中の病院から私に初めての電話をくれて、「田中さんも身体に気をつけてくださいね」。その言葉を今もときどき思い出す。
いい遅れたが花郁悠紀子さんは波津彬子さんのお姉さん。(田中雅紀)

スペース滝
925-0005 石県羽咋市滝町レ99-88 TEL&FAX 0767-23-4401
d0329286_1128351.jpg


[PR]
17日(金)午後6時15分,北陸テレビ朝日/人気の挿絵画家(当館「小品展」出品者で、100点の松の連作絵のうち35点を展示中)の西のぼる氏が挑む等伯~松林図は能登の松か〜を放映です。お知らせまで

会期の半分まで来ました。15日は読売新聞の取材がありました。
d0329286_21413957.jpg

東京本社・北陸支社能登支局は七尾市にあって、支局長の竹村さんが見えました。実は、読売の日曜ローカル紙面に「マンガ時評」を描かれている、当展覧会出品者の田中雅紀さんに取材のお願いをしていただいておりました。

この日はかなりの方々が来られて賑やかでした。窓の正面に陣取っていた漁船が化粧直しを終えて、海に戻されました。
d0329286_21422076.jpg

今日16日は曇り空。お客様もまばらで、目下スタッフさんもなく、虫人じじいひとりがウトウトうたた寝などしてのんびり監視員をやっております。
d0329286_21432832.jpgかつて大社焼きをやっておられた羽咋市の橋本美智子さんが来られました。「やきもの小屋」という窯を市内の中央に持っておられます。昔販売した幾何学紋の壷が、買手を求めて陳列されていると耳にしての来館でした。
d0329286_2144489.jpg
午後からボランティアさんがお一人来られて何時ものペースに戻りました。



[PR]
地元のケーブルテレビのカメラ取材が入りました。小品展のチラシを羽咋市内のコスモアイル羽咋で手に入れられたので来られたという。チラシの残りはほとんどないとのこと。

きのうは自動車道のSA、今日は羽咋駅でチラシの残量見ましたが、いずれも既に無くなってました。手持ちも底をつきそうです。まだ会期が半分ですがもう増刷はいたしません。あしからず。
d0329286_9493576.jpg

きょうは下の写真の方々も見えました。中程に出品者の森本紀久子さん(兵庫県)、粟津尚子さん(奈良県)、久野良一さん(千葉県)。右端は東さん。レポート論文作成のため時折顔を出されます。
d0329286_9504169.jpg

話題は具体美術の高騰の仕掛人は?なんて話が出たりしてました。

今日からの展示に改造オートバイの展示が加わりました。「まるで金沢21美みたい」などという声もあるようですが、私の感想は「ああ、とうとうここ迄来てしまったかあ」です。
d0329286_9512229.jpg

今度の展覧会はタイトルこそ「小品展」ですが、初めから規制の枠が無いも同然で、むしろ参加者の柔軟な感性や発想を尊重して、広い視点で行うつもりでした。作者相互が影響し合って、創造性を刺激し合う切っ掛け作りになればいいな、と云う思いがありました。

オートバイの原型は「ゴリラ」で、シャーシーなと3カ所を除き徹底的に改造され、もとの姿からは全く違う物になってます。これはアートでしょうか。少なくともファインアートではないでしょうね、でも面白い問題提起作にちがいありません。

出品者や作品は別の出品者の推薦や参加への誘いでどんどん勝手に増えて、気がつけば45人以上の参加者と1100を超える作品群に拡大しています。今日も金沢から写真家の田村さん(若い頃朝日新聞のお抱えカメラマンもしたことがある)が数点もって新しく参加される旨メールが入っています。
d0329286_9523518.jpg

↑写真家の渋谷利雄さんによる、ギターの垣田さんを中心にした会場での記念撮影(去る5月6日)。



[PR]